WCRP/RfP日本委 書面決議で第20回評議員会 植松理事長を再任

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会の「第20回評議員会」が6月28日、新型コロナウイルスへの感染防止のため書面決議によって行われた。

続きを読む

頭をメッカに向けて葬られたい――イタリアのムスリム(バチカン記者室から)

イタリア国内で生活するムスリム(イスラーム教徒)の総数は2018年時点で、約260万人とされ、総人口6048万人の4.3%に上る。

続きを読む

新型コロナウイルスへの対応の中で 教えを支えに日々を過ごす会員たち(12)

国内で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、立正佼成会ではさまざまな集いを控えています。こうした中、会員はどのような思いで毎日を過ごしているのでしょうか。それぞれの場で精進を重ね、サンガ(教えの仲間)と心をつないでいる会員の声を紹介しています。今回は、川崎教会壮年部員と高岡教会支部長です。

続きを読む

「私の“即是道場”」 コロナ禍での生活や仕事で得た気づき、体験談を募集

法華経の「如来神力品」に、「この処は即ち是れ道場なり(このところはすなわちこれどうじょうなり)」(即是道場=そくぜどうじょう)という言葉があります。自分の生活している所、身を置く所、生きている所が、自らを磨く道場――つまり、仏教徒はあらゆる場所が修行の場であるという意味です。

続きを読む

令和2年7月豪雨被害 会員の安否、被害状況の確認を継続 支援活動も始まる

停滞した梅雨前線の影響で、九州地方を中心に各地で記録的な大雨となった「令和2年7月豪雨」。これにより熊本、福岡、岐阜各県で大規模な水害が発生した。その後も雨は降り続いており、被災地を包括する立正佼成会の中京、北九州、南九州3支教区の各教会では、引き続き会員の安否と被害状況の確認が進められ、支教区による支援活動が行われている。

続きを読む

大聖堂の蓮が見ごろ 動画で紹介

大聖堂(東京・杉並区)1階庭園広場にある蓮池では、薄桃、純白の花が開き、見ごろを迎えています。例年はこの時期に「観蓮会」が催されますが、今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、中止になりました。

続きを読む

核戦争は神に対する罪――WCCが核廃絶を訴えるサイト開設(海外通信・バチカン支局)

広島、長崎に原爆が投下されてから75年を迎え、世界教会協議会(WCC)はこのほど、核兵器廃絶を訴える特設サイトを開設し、その願いを訴える世界の人々の声を伝えている。同サイトには、被爆国である日本や核実験が行われて被害を受けた大洋州の国々のほか、核兵器保有国からも非核を訴える声が掲載され、今月から2カ月間にわたって投稿も可能になる。

続きを読む

清水寺に伝わる「おもてなし」の心(6) 写真・文 大西英玄(北法相宗音羽山清水寺執事補)

利休の茶の極意

「『感謝』の反対は『当たり前』」という表現を耳にしたことがある。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、我々を取り巻く状況は大きく変化した。今まで当たり前のこととすら認識していなかった環境が、実はどれだけ恵まれたものであったかを思い知らされている。

続きを読む

えっ、これも仏教語!?(42) 【つう】通

仏や菩薩が持つとされる「神通力」が語源。超人的な能力や妨げのない能力のことを意味します。

続きを読む

本会一食平和基金 新型コロナウイルスの被害への緊急対策に 総額1億6200万円を拠出

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会は6月26日までに、世界的に感染拡大が続く新型コロナウイルスの被害への緊急対策として総額1億6200万円の拠出を決定した。

続きを読む