寄稿(連載)

『利害を超えて現代と向き合う――宗教の役割』(20) 文・小林正弥(千葉大学大学院教授)

「尊皇」の志は今に生かせるか?

明治維新で活躍する幕末の志士たちは、日本が植民地化される危険を察知して、専制的な幕府を打倒することを決意した。幕府に抑圧されていた天皇を尊崇し、その旗印のもとで新しい政治体制を作って国家の独立を守ろうとしたのである。当初は『尊皇攘夷』がスローガンとなっていたが、武力では西洋諸国にかなわないと分かり、「攘夷」をやめて「倒幕」へと目標を転換した。天皇に忠誠を尽くして勤めるという意味で、「勤皇」という言葉が用いられた。

続きを読む

この連載の記事一覧

おもかげを探して どんど晴れ(8) 文・画 笹原留似子(おもかげ復元師)

「即身仏」

近年、災害が多くなっています。昔も、そのような災害に見舞われた時代が幾度となくありました。

続きを読む

この連載の記事一覧

それでいいんだよ わたしも、あなたも(6) 文・小倉広(経営コンサルタント)

変わるのに20年かかるか? 1カ月で変われるか?

私は年間に100回程度、講演や企業研修で話をする機会があります。そこで、必ずと言っていいほどされる質問が、「人は変われますか? 変わるのにどれくらい時間がかかるでしょうか?」というものです。

続きを読む

この連載の記事一覧

おもかげを探して どんど晴れ(7) 文・画 笹原留似子(おもかげ復元師)

「幽霊と妖怪」

お看取りに立ち会わせて頂くことが多くなりました。「幽霊になって、会いたい人に会えるかな?」。時に、死を迎える人がそう話してくださることがあります。遺(のこ)されたご家族は「幽霊でも良いから会いたい」と強く願うことが多いのです。

続きを読む

この連載の記事一覧

『現代を見つめて』(29) 被災地に情報を 文・石井光太(作家)

被災地に情報を

北海道胆振(いぶり)東部地震が起きた日、偶然にも私は札幌のホテルに滞在していた。深夜三時八分、突如大きな振動に襲われた。ホテルはきしみながら揺れ、私は振り落とされまいとベッドにしがみつくので精一杯だった。ようやく揺れが収まったと思うと、停電によって北海道全域は闇に閉ざされた。

続きを読む

この連載の記事一覧

『利害を超えて現代と向き合う――宗教の役割』(19) 文・小林正弥(千葉大学大学院教授)

明治維新をどう見てどう活かすか

「ちょうど今晩のNHK大河ドラマ『西郷どん』(のテーマ)は『薩長同盟』だ。しっかり薩長で力を合わせ、新たな時代を切り開いていきたい」

安倍首相は鹿児島でこう述べて、自民党総裁選の出馬表明を行った(8月26日)。総裁選のために首相に協力した議員の選挙区・鹿児島と自らの出身地・山口との「薩長」の絆を演出したという。

続きを読む

この連載の記事一覧

それでいいんだよ わたしも、あなたも(5) 文・小倉広(経営コンサルタント)

ネガティブエンジンとポジティブエンジン

あなたはどちらのエンジンで頑張っていますか?

続きを読む

この連載の記事一覧

おもかげを探して どんど晴れ(6) 文・画 笹原留似子(おもかげ復元師)

東日本大震災百物語

東日本大震災から7年が過ぎました。私は被災者の皆さん、ご遺族の皆さんと一緒に「いのち新聞」という活動をしています。震災が発生した年の秋からのスタートですが、新聞の内容は遺族という立場から、記事をまとめて発信していくというものです。遺族と話し合っている中で、一人ひとりの気持ちが亡き人の存在により輝いているように感じたため、新聞作りを私が提案しました。

続きを読む

この連載の記事一覧

『現代を見つめて』(28) 社会を守る活力 文・石井光太(作家)

社会を守る活力

西日本で起きた豪雨土砂災害の死者が二百人に達し、平成の三十年間で最悪のものとなった。

続きを読む

この連載の記事一覧

『利害を超えて現代と向き合う――宗教の役割』(18) 文・小林正弥(千葉大学大学院教授)

アフリカ白熱教室の熱気

5月19日に上智大学で行われた「アフリカの新たなビジョン 東京国際会議」では一日中、興奮の渦が巻き起こっていた。会場はほぼ満員で、アフリカ諸国やイタリアの駐日大使および政治家、アフリカ連合関係者、日本の政治家、JICA(国際協力機構)理事、NGOなど多様な関係者が発言され、共催者である聖エジディオ共同体、上智大学、立正佼成会の方々と共に、アフリカとイタリア・日本との間で未来のための熱気ある対話が繰り広げられたのである。

続きを読む

この連載の記事一覧