大人のSNS講座

大人のSNS講座(11) 文・坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

ライフライン=命綱としてのSNS

今回のコロナ禍では、生活に困窮する人が急増したことを受けて、国や地方自治体、民間の支援団体によって、生活や法律相談、就労支援、食料の無料配達など、さまざまな支援活動が行われています。

続きを読む

大人のSNS講座(10) 文・坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

SNS本来の役割を取り戻すために

今回は、コロナ禍におけるSNSのプラス面に焦点を当てます。

続きを読む

大人のSNS講座(9) 文・坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

炎上に巻き込まれた場合の対処法

前回は、個人の努力や注意だけでは回避できないリスクがあることを前提にして、どのようにSNSでのトラブルを予防し、対処していくかについて解説しました。

続きを読む

大人のSNS講座(8) 文・坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

SNSで受けた傷は、SNSでは癒やせない

前回は、「マナーを守りましょう」だけでは、SNSでのトラブルは防げないとお伝えしました。今回は、個人の努力や注意だけでは回避できないリスクがあることを前提にして、どのようにSNSでのトラブルを予防し、対処していくかについて、具体的な方法を解説します。

続きを読む

大人のSNS講座(7) 文・坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

「マナーを守ろう」だけでは、トラブルは防げない

SNSが社会に普及してから10年以上が経った現在、SNSを利用する際のマナーに対する啓発や教育は、学校や職場など、さまざまな場面で行われるようになってきています。

続きを読む

大人のSNS講座(6) 文・坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

「嫌な気持ち」をあなたはどこまで許せる?

前回の記事で、ネット通販大手アマゾンで定価の数倍で売られている「鬼滅の刃マンチョコ」を買った話を書いたところ、読者の方から「高額転売」の問題に触れる行為だというご意見を頂戴(ちょうだい)しました。

続きを読む

大人のSNS講座(5) 文・坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

SNSの落とし穴

社会現象になっているマンガ「鬼滅の刃」。我が家でも小学生の息子と妻が夢中になり、単行本全23巻+外伝+ファンブックが全て揃(そろ)っています。父親の私も、ネット通販大手アマゾンで定価の数倍で売られている「鬼滅の刃マンチョコ(30個セット)」をとうとう買ってしまいました。オマケのシールを集めずにはいられないという習性を幼児期に刷り込まれた、アラフォーのビックリマン世代の悲しい性(さが)です。

続きを読む

大人のSNS講座(4) 文・坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

SNSはコミュニケーションを広げる?

この10年間で、SNSは電話やメールと並ぶコミュニケーションの手段として普及しました。現時点で、どのくらいの人がSNSを利用しているのでしょうか。

続きを読む

大人のSNS講座(3) 文・坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

ネガティブを超える(ネットやSNSの世界について正しく学んで賢く利用する)

今回は、SNS上での意見の異なる相手との付き合い方、そして自分も他人も傷つけずにSNSを有効に活用する方法を考えます。

続きを読む

大人のSNS講座(2) 文・坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

ネットに溢れる“ネガティブ”、それはどこから?

ここ数年、「差別的な表現」であるとみなされた著名人の発言、企業のCMやポスター、自治体のキャンペーンがSNS上で炎上する事件が頻繁に起こっています。

続きを読む