仏教

えっ、これも仏教語!?(55) 【しゃば】娑婆

梵語(サンスクリット語)の「サハー」の発音を漢字の字音で表した音写です。

続きを読む

この連載の記事一覧

えっ、これも仏教語!?(54) 【じゃけん】邪険

仏教の「邪見」が語源です。

続きを読む

この連載の記事一覧

えっ、これも仏教語!?(53) 【こんりんざい】金輪際

『阿毘達磨倶舎論(あびだつまくしゃろん)』には、仏教の宇宙観が記されています。

続きを読む

この連載の記事一覧

えっ、これも仏教語!?(52) 【こんじょう】根性

「根」は能力、生み出す力、素質を意味します。「性」は性質です。

続きを読む

この連載の記事一覧

えっ、これも仏教語!?(51) 【くふう】工夫

特に禅宗で多く用いられている言葉です。

続きを読む

この連載の記事一覧

えっ、これも仏教語!?(50) 【かわら】瓦

梵語(サンスクリット語)の「カパーラ」に由来します。

続きを読む

この連載の記事一覧

えっ、これも仏教語!?(49) 【がらんどう】伽藍堂

現代では、大きな建物や広い室内に何もない様子を「がらんどう」とか「ガランとしている」という言い方をします。これは、「伽藍(堂)」が語源です。

続きを読む

この連載の記事一覧

えっ、これも仏教語!?(48) 【あうん】阿吽

悉曇(しったん=サンスクリット語を記す書体の一つ)において「阿」は口を開いて出す最初の字音で、「吽」は口を閉じて出す最後の字音です。このことから、密教では万物の始まり(太初)から終わり(窮極)を象徴するものと見なされました。

続きを読む

この連載の記事一覧

えっ、これも仏教語!?(47) 【ゆうずう】融通

仏教では、宇宙の万物・万象はそれぞれ孤立しているのではなく、互いに影響し合って、一つの調和を保っていると教えています。

続きを読む

この連載の記事一覧

えっ、これも仏教語!?(46) 【ふしぎ】不思議

「不可思議」の略が不思議です。

続きを読む

この連載の記事一覧