ライフ

TKWO――音楽とともにある人生♪ ホルン・堀 風翔さん Vol.3

楽団の和やかな雰囲気づくりに努めつつ、より優れた演奏を披露するため、堀風翔さんはホルン奏者として技能を磨くことに余念がない。最終回では、堀さんが日々の練習で大事にしていることを聞いた。吹奏楽に取り組む中高生に向けたアドバイスも紹介する。

続きを読む

この連載の記事一覧

TKWO――音楽とともにある人生♪ ホルン・堀 風翔さん Vol.2

高校の時に、「一音」に魂を込めて演奏する大切さを学び、その魅力に引き寄せられてプロのホルン奏者を目指した堀風翔さん。大学に入ってからも、その魅力を教えてくれた恩師に師事し、“ホルン道”を究めていった。今回は、東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)入団に至る経緯や、現在、楽団内で堀さんが担うある役割などを紹介する。

続きを読む

この連載の記事一覧

TKWO――音楽とともにある人生♪ ホルン・堀 風翔さん Vol.1

日本トップレベルの吹奏楽団として知られる東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)。演奏会をはじめ、ラジオやテレビ出演など、多方面で活躍する。また長年、全日本吹奏楽コンクールの課題曲の参考演奏を行っていることから、特にコンクールを目指す中学生・高校生の憧れの存在でもある。本企画の29人目に登場するのは、ホルン奏者の堀風翔さん。今回は、ホルンを始めたきっかけや恩師との出会いなどについて話を聞いた。

続きを読む

この連載の記事一覧

内藤麻里子の文芸観察(5)

我々はそれぞれの生まれや育ち、仕事、家庭、趣味・嗜好(しこう)、その時々の事情や時代などさまざまな背景に照らされながら、今この瞬間を生きている。そういう人間というものを映し出すかのように、登場人物を包括的にとらえようと試みているのが辻原登さんの『卍(まんじ)どもえ』(中央公論新社)である。

続きを読む

この連載の記事一覧

TKWO――音楽とともにある人生♪ 指揮・大井剛史さん Vol.3

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)正指揮者の大井剛史さんは、中学生の時にTKWOの魅力に“ドハマリ”した。一ファンとして客席で演奏を聴いた思い出を大切にし、やがて同じ舞台に立つまでになった。最終回では、正指揮者になるきっかけや、TKWO創立60周年を迎えた今年の抱負を聞いた。

続きを読む

この連載の記事一覧

TKWO――音楽とともにある人生♪ 指揮・大井剛史さん Vol.2

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)のさらなる発展のために、奏者の団員と切磋琢磨(せっさたくま)し、成長していく喜びを感じているTKWO正指揮者の大井剛史さん。今回は、TKWOのファンクラブに入っていた中学生の頃の思い出や、指揮者として、初めてTKWOと共演した時の話を紹介する。

続きを読む

この連載の記事一覧

ちょっと軽く、ストレッチしてみましょう(特別編 冬の「熱中症」対策) 加瀬剛(スポーツトレーナー、佼成学園高アメフット部ヘッドトレーナー)

朝晩の冷え込みが厳しい冬真っただ中。この時期に、気をつけなければならないのが、暑い時期と同じくらい発症の多い「熱中症」だ。佼成学園高校アメリカンフットボール部「ロータス」のヘッドトレーナーを務め、接骨院の院長として患者の治療にあたる加瀬剛氏が、冬の熱中症の仕組みと対策、自宅で簡単にできる運動を紹介する。

続きを読む

この連載の記事一覧

弱小チームから常勝軍団へ~佼成学園高校アメリカンフットボール部「ロータス」クリスマスボウル3連覇の軌跡~(10 最終回) 文・相沢光一(スポーツライター)

佼成学園高校アメリカンフットボール部「ロータス」のクリスマスボウル4連覇への挑戦は終わった。結果は、惜しくも準優勝。52連勝と負け知らずで歩んできたロータスが味わった敗戦を、部員や小林監督はどう受け止めたのか。

続きを読む

この連載の記事一覧

TKWO――音楽とともにある人生♪ 指揮・大井剛史さん Vol.1

日本トップレベルの吹奏楽団として知られる東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)。今年、創立60周年を迎えた。節目の年であるインタビューは、TKWO正指揮者の大井剛史さんがトップバッター。Vol.1では、指揮者の役割や、大井さん自身が指揮者として大切にしていることを聞いた。

続きを読む

この連載の記事一覧

内藤麻里子の文芸観察(4)

泣ける小説の名手と言って、まず思い浮かぶのは浅田次郎さんであるが、この作家はまた笑える小説の名手でもある。

続きを読む

この連載の記事一覧