ニュース

長年の食糧支援協力に対し 国連WFP協会から本会一食平和基金に感謝状

国連世界食糧計画(WFP)が行っている食糧支援に、長年にわたり協力してきたとして、このほど立正佼成会一食(いちじき)平和基金に対し、国連WFP協会から感謝状が贈呈された。同協会の鈴木邦夫事務局長が8月9日、法輪閣(東京・杉並区)を訪問。同基金運営委員を務める西由江習学部次長(青年ネットワークグループ)に感謝状を手渡した。

続きを読む

終戦から73年、各地で慰霊式典を厳修 市民と共に不戦誓う

【広島】「原爆の日」を迎えた8月6日早朝、同市中区の広島平和記念公園内の原爆供養塔前で、「原爆死没者慰霊行事」(主催・広島戦災供養会)が行われ、立正佼成会から、世界連邦日本宗教委員会平和巡礼団の一員として澤田晃成総務部部長が参列したほか、原章雄中国支教区長(広島教会長)、福田昌弘西九州支教区長(長崎教会長)が出席し、諸宗教の代表者と共に世界平和を祈念した。

続きを読む

信仰を持つことを奨励するスカウト運動 「第17回日本スカウトジャンボリー」で本会が教義や儀礼を紹介

ボーイスカウト運動の国内最大の大会「第17回日本スカウトジャンボリー」(主催・公益財団法人ボーイスカウト日本連盟)が8月4日から10日まで石川・珠洲市の「りふれっしゅ村 鉢ヶ崎」で開催された。立正佼成会は、期間中に行われた「各宗派の集い」でパビリオンを設け、教義や儀礼などを紹介した。

続きを読む

終戦から73年 本会の「戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日」式典 共に生きる世界を築くと誓願

終戦から73年を迎えた8月15日、大聖堂(東京・杉並区)をはじめ立正佼成会の各教会で「戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日」式典が行われた。大聖堂には約2000人が参集、第二次世界大戦をはじめ全ての戦争犠牲者に哀悼の誠を捧げ、現在も各地で続く紛争やテロの早期終結、恒久平和を祈念した。

続きを読む

宗教的偏見や抑圧をなくし、信教の自由を守る 米国で第35回IARF世界大会 

「第35回国際自由宗教連(IARF)世界大会」を兼ねた諸宗教対話交流「リイマジニング・インターフェース」が7月29日から8月1日まで、米国のジョージ・ワシントン大学で開催された。

続きを読む

新宗連青年会が戦争犠牲者慰霊並びに平和祈願式典を開催

『私のことばで伝えたい』をテーマに、新日本宗教青年会連盟(新宗連青年会)主催の「第53回戦争犠牲者慰霊並びに平和祈願式典」が8月14日、東京・千代田区の国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑で開催された。加盟教団の会員、信徒ら約2000人が参列。立正佼成会から庭野光祥次代会長(新日本宗教団体連合会=新宗連=理事)、川端健之理事長(同常務理事)が参列した。

続きを読む

西日本豪雨 本会一食平和基金から緊急支援1600万円を拠出 被災自治体の復興の一助に

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会はこのほど、7月上旬の「平成30年7月豪雨」で特に大きな被害を受けた西日本の各自治体のうち、岡山県や広島県をはじめ1府5県と5市1町に、総額1600万円の緊急支援を決定した。

続きを読む

佼成学園高ソフトテニス部 インターハイ2回戦で惜敗

8月4日から6日まで、三重・鈴鹿市で行われた「平成30年度全国高等学校総合体育大会」(インターハイ)のソフトテニス競技大会に、佼成学園高校ソフトテニス部の高橋海斗、大辻文彬ペア(共に3年)が東京都代表として出場した。

続きを読む

比叡山宗教サミット31周年記念「世界平和祈りの集い」 諸宗教者が一層の努力を誓う

比叡山宗教サミット31周年記念「世界平和祈りの集い」が8月4日午後、滋賀・大津市の天台宗総本山・比叡山延暦寺一隅を照らす会館前「祈りの広場」で開催された。集いは、天台宗国際平和宗教協力協会、同延暦寺によるもので、国内外の諸宗教者や市民ら約900人が参集。立正佼成会から庭野日鑛会長が出席した。

続きを読む

総力戦でつかんだ栄冠 佼成女子ハンドボール部がインターハイ連覇!

三重・津、鈴鹿両市で7月27日から行われていた「平成30年度全国高等学校総合体育大会ハンドボール競技大会兼高松宮記念杯第69回全日本高等学校ハンドボール選手権大会」(インターハイ)で佼成学園女子高校ハンドボール部が2年連続4度目の優勝を果たした。多彩なプレーを駆使して強豪校との激闘を制し、栄冠を手にした。

続きを読む