光祥次代会長 UUAシダーレーン教会のオンラインミサにメッセージ

ユニテリアン・ユニバーサリスト協会(UUA)の米国メリーランド州にあるシダーレーン教会が5月3日午後5時(日本時間4日午前6時)、オンラインミサを行い、立正佼成会の庭野光祥次代会長が祈りの映像とビデオメッセージを寄せた。

続きを読む

手作りマスク 本部から各地へ

新型コロナウイルスの感染拡大を受けてマスク不足が続く中、「今、私にできること」を合言葉に、3月下旬から立正佼成会本部職員有志による「マスクをおくる運動」が進められている。手作りマスクに手紙を添えて困っている人に届けるもので、受け取った人が自身でも製作できるようにキットも同封した。“温かい真心”の輪が広がることが願いだ。

続きを読む

「アフリカへ毛布をおくる運動」ウェブサイトを一新 今年の毛布収集期間は7月31日まで

立正佼成会が加盟する「アフリカへ毛布をおくる運動」(同運動推進委員会主催)のウェブサイトが5月1日、リニューアルオープンした。

続きを読む

BCYCCとフォコラーレ運動に向け 本会職員が再会の願い込め動画送信

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて今年4月に予定されていた「バターン特別平和使節団」の派遣が中止になり、使節団の立正佼成会職員がこのほど、フィリピンのバターンキリスト教青年会(BCYCC)にメッセージ動画を送った。「世界はつながり合い、一人の痛みがみんなの痛みになる」「一緒にこの危機を乗り越えましょう」と思いを伝え、再会の願いを込めた。

続きを読む

新型コロナウイルスがイタリアに残した爪痕――バチカン記者室から(1)

イタリア北部のロンバルディア州は、国内で新型コロナウイルスの感染が最も拡大した地域である。同州では4月29日現在、感染者が3万6122人。死者は、国全体の半数以上に当たる1万3679人に上る。

続きを読む

新型コロナウイルスの終息を祈ろう――人類の友愛高等委員会が声明文(海外通信・バチカン支局)

「人類の友愛高等委員会」は5月2日、新型コロナウイルスの世界的流行を受けて声明文を発表し、多くの人が生命の危機に直面している状況に触れながら、「私たちは創造主である神に向かって祈ることを忘れてはならない」と訴えた。この声明文はバチカン記者室からも公表された。

続きを読む

新型コロナウイルスの対応の中で 教えを支えに日々を過ごす会員たち(5)

国内で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、立正佼成会では教会を閉鎖し、さまざまな集いも控えています。こうした中、会員はどのような思いで毎日を過ごしているのでしょうか。それぞれの場で精進を重ね、サンガ(教えの仲間)と心をつないでいる会員の声を紹介しています。今回は、秩父教会少年部長と厚木教会総務部長。

続きを読む