新型コロナウイルスへの対応 第5報を各教会に送付 「緊急事態宣言」の全国拡大を受け

立正佼成会の新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長=國富敬二理事長)は4月17日、『「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する対応について』(第5報)と題する通知を全国の教会に送付した。

続きを読む

WCRP/RfP日本委 核軍縮を訴えPNND日本と共同提言文発表

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会と核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)日本は4月27日、東京・千代田区の参議院議員会館で「核兵器廃絶に向けた会合」を開き、核兵器廃絶に向けた共同提言文をまとめた。

続きを読む

新型コロナウイルスの対応の中で 教えを支えに日々を過ごす会員たち(4)

国内で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、立正佼成会ではさまざまな集いを控えています。こうした中、会員はどのような思いで毎日を過ごしているのでしょうか。それぞれの場で精進を重ね、サンガ(教えの仲間)と心をつないでいる会員の声を紹介しています。今回は、山形教会青年男子部長と福山教会学生部員。

続きを読む

第51回「青年の日」 メーンテーマは『大河の一滴になろう。』 ロゴマークも一新

平和な社会や世界を築くため、立正佼成会の青年部員が創造的な発想に基づいて具体的な活動を行う「青年の日」。51回目となる今年の実施要項が先頃、青年ネットワークグループから発表され、今回、メーンテーマやコンセプト、ロゴマークが一新された。

続きを読む

本会「モンゴル看護師育成支援プロジェクト」完了へ 留学生受け入れ、人材輩出

モンゴルの医療と看護の発展に貢献することを目的とする「立正佼成会 モンゴル看護師育成支援プロジェクト」の最後の留学生となるツェベルマー・ナランゾルさん(23)が今年3月、佼成看護専門学校を卒業した。念願の看護師国家試験に合格し、佼成病院(東京・杉並区)で看護師の道を歩み出した。

続きを読む

WCRP/RfP日本委 ウェブサイト一新 多彩な活動をより見やすく

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)創設50周年の取り組みの一つとして、WCRP/RfP日本委員会はこのほどウェブサイトをリニューアルした。2010年に開設された従来のサイトはパソコンでの利用を重視したつくりになっていたが、需要の多いスマートフォンやタブレットでの閲覧のしやすさを追求。スタイリッシュなデザインを心がけたという。

続きを読む

WCRP/RfP日本委 マスクプロジェクト始動 NPO法人に手作りマスク提供

国内で深刻なマスク不足が続く中、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会は「マスクプロジェクト」を開始し、4月14日に子育て支援を行うNPO法人に手作りマスクを提供した。

続きを読む

CCRPからマスク1万枚 WCRP/RfP日本委に

4月7日、中国宗教者和平委員会(CCRP)から世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会に1万枚のマスクが提供された。感染拡大が続き、マスクが不足している日本の現状を受け送られた。

続きを読む

【映画監督、脚本家・村橋明郎さん】余命宣告受けた男の物語を映画に 懸命に自分らしく生きる姿を伝え

余命宣告を受け、残された時間を自らの墓造りに費やし、臨終を迎えるまで懸命に生きた男の物語を描いた映画『山中静夫氏の尊厳死』が、今年2月から全国で順次公開されている。この映画の監督・脚本を務めた村橋明郎氏は、理想的な最期を迎えられるかどうかは、死に方ではなく、いかにその人らしく生きたかによって決まると語る。映画の製作を通じて見つめた人の生死、作品に込めた思いについて聞いた。

続きを読む

「米国のキリスト教指導者 WHOへの拠出金停止に反対を表明」など海外の宗教ニュース(海外通信・バチカン支局)

米国のキリスト教指導者 WHOへの拠出金停止に反対を表明

トランプ米大統領は4月14日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス対策で「過渡に中国寄りであり、基本的な義務を果たさなかった」と非難し、同機関への拠出金停止を表明した。米国はWHOにとって最大の資金拠出国であり、昨年は同機関の年間予算の約15%を占める4億ドル(約430億円)を拠出した。

続きを読む