ミンダナオ子ども図書館メンバーが本会訪問 「ゆめトモ交流プログラム」スタート

フィリピン・ミンダナオ島にある、「ミンダナオ子ども図書館」(MCL)の奨学生ら13人が5月14日、立正佼成会本部(東京・杉並区)を訪れた。MCLは、平和活動を通じた本会のパートナー団体。今回の訪問は、昨年に続いて、本会の青年部員と触れ合う「ゆめトモ交流プログラム」への参加のためだ。一行13人は、16日から27日まで13教会を訪れる。

続きを読む

軍隊を持たないコスタリカ その軌跡を追った映画の監督が来日

憲法で軍隊の保有を禁じ、大国からの圧力や隣国による侵略に対抗する手段として“平和外交”を進めてきた中米コスタリカ。その軌跡を追ったドキュメンタリー映画の上映会と「監督来日シンポジウム」が4月27日、日比谷コンベンションホール(東京・千代田区)で行われた。5月3日の憲法記念日に合わせ実施されたもので、主催はユナイテッドピープル株式会社。144人が来場した。

続きを読む

『利害を超えて現代と向き合う――宗教の役割』(15) 文・小林正弥(千葉大学大学院教授)

貧困問題と宗教

前回に書いたように、東アジアの歴史的変化は確かに進みつつあるように見える。北朝鮮と韓国の首脳が歴史的な会談を行った。両首脳が南北の境界線をまたいで共に歩いたのは、分断の悲劇の歴史をよく知る人々にとっては感動的なシーンだった。希望を失わずに「祈りと対話と行動」を続けることが大切だと改めて分かるだろう。

続きを読む

幸せのヒントがここに――仏典の中の女性たち(3) 文・画 天野和公(みんなの寺副住職)

無罪の幸せ――クッジュッタラー

幸せに暮らしたいなあ、という願いは万人に共通でしょう。では、一つ質問。
「あなたにとって、幸せってどういうことですか?」

続きを読む