WCRP/RfP日本委「第30回理事会・第19回評議員会」 第9回ACRP大会の受け入れ態勢決まる

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会の「第30回理事会・第19回評議員会」が1月28日、立正佼成会の法輪閣(東京・杉並区)で開催された。植松誠理事長(日本聖公会首座主教)をはじめ理事21人、評議員8人が出席。本会から同日本委会長(評議員会議長)の庭野日鑛会長、同理事の庭野光祥次代会長、川端健之顧問、中村憲一郎参務(京都教会長)が参加した。

続きを読む

WCRP/RfP日本委が新春学習会 アッザ・カラム国際委次期事務総長がスピーチ

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会の「2020年新春学習会」が1月28日、立正佼成会の法輪閣(東京・杉並区)で催された。テーマは『WCRP国際委員会次期事務総長のアッザ・カラム教授との対話――第10回世界大会と新たな宗教者の役割』。同日本委の宗教者をはじめ、加盟教団の信徒ら約300人が参加した。

続きを読む

「シェアハウスこうじゅ(関西光澍館)」が開所 生活困窮者の自立を支援

生活困窮者や社会的に孤立状態にある人の自立を支援する共同住宅(有料)としての活用が決まった立正佼成会の関西光澍館(大阪・豊中市)で2月1日、開所時内覧会が行われた。共同住宅の名称は「シェアハウスこうじゅ(関西光澍館)」で、一般社団法人・大阪希望館が運営する。当日は、事業を監督するために新設された関西光澍館運営協議会(本会を含む4団体で構成)から約20人が参加。本会から馬塲久枝豊中教会長、中央学術研究所の橋本雅史所長らが出席した。

続きを読む

WCRP/RfP日本委がカラム氏の来日に合わせ会合 国連、NGOとの連携をさらに

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会はWCRP/RfP国際委員会事務総長に就任するアッザ・カラム教授の来日に合わせ、1月30日に国連関係者やNGOの代表者を招き、東京・渋谷区のフォレストテラス明治神宮で「平和に向けた諸宗教と国連/諸団体のパートナーシップ」会合を開催した。国連やNGOの代表ら47人が出席した。

続きを読む

WCRP/RfP国際委のカラム次期事務総長が庭野会長と懇談 豊島教会訪問

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)国際委員会の事務総長に就任予定のアッザ・カラム氏は1月31日に立正佼成会本部(東京・杉並区)を訪れ、法輪閣で庭野日鑛会長と懇談した。翌2月1日には大聖堂での「朔日(ついたち)参り(布薩=ふさつ=の日)」式典に参列後、庭野光祥次代会長と共に本会豊島教会(東京・豊島区)を訪問し、会員と交流した。

続きを読む

今年の「寒修行」終わる 会員たちが世界の平和祈り『法華三部経』全巻を読誦

「寒中読誦(どくじゅ)修行」(寒修行)が1月20日から2月3日まで、大聖堂をはじめ立正佼成会の各教会道場、布教拠点、会員宅で行われた。会員たちは『法華三部経』全巻の読誦を通し、一年の誓願を新たにした。

続きを読む

「寒中読誦修行」終わる(ニュース動画)

「寒中読誦(どくじゅ)修行」(寒修行)が1月20日から2月3日まで行われました。各地の様子を紹介します。

続きを読む

「一食地域貢献プロジェクト」各地で 障害者福祉、児童福祉に力点 77教会が計190団体を支援

立正佼成会一食(いちじき)平和基金の平成31(令和元)年度の運営計画に基づき、各教会では「一食地域貢献プロジェクト」による支援活動が実施されている。このプロジェクトは「一食を捧げる運動」の浄財の一部を教会が活用し、地元の非営利団体への支援を通じて温かい地域づくりに役立てるもの。今回は77教会が計190団体を支援した。

続きを読む

「インドネシア大統領がローマ教皇フランシスコを招待 インドネシア宗教者平和会議も歓迎」など海外の宗教ニュース(海外通信・バチカン支局)

インドネシア大統領がローマ教皇フランシスコを招待 インドネシア宗教者平和会議も歓迎

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領はこのほど、ローマ教皇フランシスコが同国を訪問する意向を明かしたことに対し、公式訪問として歓迎する旨を記した親書をバチカン宛てに送付した。アジアのカトリック国際通信社「UCAニュース」が1月27日に報じた。

続きを読む