教団本部が新型コロナウイルスに関する対応を発表 感染拡大を防ぐため「多くの人が集まる活動」を避ける

国内で新型コロナウイルスの感染者数が増加している状況を受け、立正佼成会本部では危機管理委員会を設け、2月20日に「感染拡大を避けることを最優先」とする対応策を決定した。実施期間は2月22日から3月31日まで。2月20日、『「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する対応について』と題した文書を各教会に送付した。

続きを読む

小湊誕生寺で「第1回お題目サミット」開催(ニュース動画)

日蓮聖人生誕の地である千葉・小湊で、お題目を唱える12の寺院・教団の代表が集まり、「第1回お題目サミット~ともにお題目を唱えよう」が行われました。祖師堂での式典の様子を動画で紹介します。

続きを読む

【東日本大震災語り部・五十嵐ひで子さん】震災の記憶と教訓を次代へ 九死に一生を得た経験から

東日本大震災の発生から、今年3月で9年を迎える。当時、9.3メートル以上の波の高さを記録した福島・相馬市で、五十嵐ひで子さんは、夫と叔父を亡くし、自身も津波にのまれた。これまで、五十嵐さんは震災の記憶と教訓を継承しようと、語り部として自らの体験を伝えてきた。語り部を続ける思いを聞いた。

続きを読む

現代を見つめて(46) 介護者にゆとりを 文・石井光太(作家)

介護者にゆとりを

「ケアラー支援」という言葉が少しずつ広がりはじめている。ケアラーとは、高齢者の介護、病人の介護、障害者の介護などの介護者を示す言葉だ。

続きを読む

心の悠遠――現代社会と瞑想(11) 写真・文 松原正樹(臨済宗妙心寺派佛母寺住職)

アメリカでの白隠禅

2016年11月19日と2018年10月20日に、アメリカ禅文化のメッカの一つであるサンフランシスコ禅センターで、講義と坐禅のワークショップをさせて頂いた。1962年に日本人の曹洞宗僧侶・鈴木俊隆師によって設立されて以来、サンフランシスコ禅センターは心の問題と向き合う人たちを受け入れてきた場所である。

続きを読む

新・仏典物語――釈尊の弟子たち(33)

王の時代II 執政官

軍の動きが、慌ただしさを増していました。ヴァイシャーリー討伐のために大掛かりな準備を始めたのです。

続きを読む