佼成霊園「萬霊供養塔建立式」 小雪舞う中で式典を厳修

「萬霊供養塔建立式」が1月18日、東京・東大和市の立正佼成会付属「佼成霊園」で行われた。庭野日鑛会長が臨席し、國富敬二理事長をはじめ教団関係者、工事関係者など113人が出席した。当日は、小雪が舞う中での式典となった。

続きを読む

國富理事長 川端顧問と伊勢神宮に参拝 世界平和実現へ向け祈り

立正佼成会の國富敬二理事長は1月14日、川端健之顧問と共に三重・伊勢市の伊勢神宮に参拝した。土橋成江松阪教会長、柳田季巳江総務部次長(渉外グループ)が同行した。

続きを読む

本会一食平和基金 地震被災者を支援するミンダナオ子ども図書館へ 活動拠点の修繕に200万円

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会はこのほど、昨年10月、12月にフィリピン・ミンダナオ島で発生した大地震の被災者の救援を続ける「ミンダナオ子ども図書館」(MCL)に対し、200万円の支援を行った。

続きを読む

アフリカへ毛布をおくる運動 2万4240枚が現地へ

「アフリカへ毛布をおくる運動」(主催・同運動推進委員会=立正佼成会も参画)の昨年の取り組みで集められた毛布をアフリカに届ける輸送船が昨年12月21日、横浜港からモザンビークに向けて出航した。

続きを読む

国連UNHCR協会から本会に感謝状 本会のクルド人避難民支援に対し

シリア北東部のクルド人の避難民を救援するため、昨年末に立正佼成会一食(いちじき)平和基金が国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に300万円を寄託したことに対し、国連UNHCR協会から本会に感謝状が贈呈された。1月8日、同協会の星野守事務局長が本会を訪れ、法輪閣(東京・杉並区)で同基金運営委員会の熊野隆規委員長(教務部部長)に感謝状を手渡した。当日は感謝状の贈呈に際して懇談の時間が持たれ、同委員の西由江習学部次長(青年ネットワークグループ)が同席した。

続きを読む

機関誌「佼成」創刊70周年特別展 大聖堂3階ホールで開催

機関誌「佼成」が今年、創刊70周年を迎え、大聖堂3階ホール(東京・杉並区)で記念特別展示が昨年12月27日から開催されている。特別展では、立正佼成会会員の法の理解と実践を促していくため、「佼成」創刊を決めた庭野日敬開祖、長沼妙佼脇祖の願いを紹介。また、『表紙を彩る画家の世界』と題し、著名な8人の画家が描画した原画10点が展示されている。

続きを読む

中央学術研究所が『大乗仏典思想叢書』発刊 漢訳『法華経』の底本研究語彙索引

立正佼成会の付置研究所である中央学術研究所はこのほど、漢訳された『妙法蓮華経』の底本研究のための語彙(ごい)索引『Philosophica Mahāyāna Buddhica Monograph Series(大乗仏典思想叢書=そうしょ=)』を発刊した。同研究所学術研究室の西康友主幹が編纂(へんさん)した。

続きを読む

佼成学園中アメフット部 日本中学生選手権準優勝

アメリカンフットボールの中学日本一を決める「第7回日本中学生アメリカンフットボール選手権」(NPO法人「東京都アメリカンフットボール協会」主催)の決勝が1月13日、神奈川・川崎市の富士通スタジアム川崎で行われた。3年ぶり3度目の出場となった佼成学園中学校「ロータス」(関東代表)は、関西学院中学部「ジュニアファイターズ」(関西代表)と対戦。13対14で惜敗し、準優勝の成績を収めた。

続きを読む

仙台教会 平和友好使節団が韓国へ

立正佼成会仙台教会の「平和友好使節団」(団長=近藤雅則仙台教会長)の一行26人が1月3日から6日まで、韓国を訪れた。同使節団は、白眞勲参議院議員の協力を得て企画され、昨今、日韓関係が悪化していることから、両国の友好の懸け橋になることを願いとして行われた。

続きを読む

【元東レ経営研究所社長 佐々木常夫さん】苦しみを乗り越える原動力 幸せになるという強い意志を

大手化学企業に入社し、事業改革や破綻寸前の会社の再建などを手がけ、取締役を務めた佐々木常夫さん。この間、家庭では、40回以上の入退院を繰り返した妻の看護、自閉症の長男を含めた3人の子供の育児に尽くした。どちらも手を抜かず、自己をコントロールし、「幸せになる」という強い意志を持ち続けたと語る。ビジネスや生き方に関する書籍を多数発刊してきた佐々木さんに、幸せになる秘訣(ひけつ)を聞いた。

続きを読む