誓願を胸に「御親教」式典 『尋常』――常に大事なものを尋ねて

年頭にあたり庭野日鑛会長が全国の会員に親しく法話を述べる「御親教」式典が1月7日、大聖堂はじめ各教会で行われた。大聖堂には会員約3600人が参集。法話に立った庭野会長は、今年の書き初めで揮毫(きごう)した『尋常』について「常に大事なものを尋ねること」と述べ、人間として徳を具(そな)え、良い習慣を身につけ、基礎的なことを学ぶ大切さを説き示した。式典の模様は全国の教会にライブ配信された。

続きを読む

七草粥で心も体もポッカポカ!(動画)

「御親教」式典が行われた1月7日は「人日(じんじつ)の節句」。

続きを読む

WCRP/RfP国際委 第10回世界大会の「大会宣言文」踏まえ、ニューヨークでパートナーシップ会議

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)国際委員会による「平和と開発のための諸宗教と諸団体間のパートナーシップ」会議が昨年12月11日から13日まで、米国ニューヨークで行われた。各国委員会の諸宗教者、国際機関の関係者、NGOの代表など250人以上が参加。立正佼成会からWCRP/RfP国際共同議長の庭野光祥次代会長が出席した。

続きを読む

庭野会長 大宮八幡宮に参拝 鎌田宮司とあいさつ 正式参拝し世界平和を祈念

庭野日鑛会長は1月1日午前、東京・杉並区の大宮八幡宮に参拝した。國富敬二理事長、佐藤益弘常務理事、千葉和男杉並教会長(東京教区長)、川本貢市時務部部長、庭野統弘主席、庭野皓司氏が同行した。同宮は本部周辺の氏神にあたる。

続きを読む

法隆寺住職・大野玄妙師を偲び 本山葬に庭野会長が参列

昨年10月25日に71歳で逝去した、法隆寺(奈良・斑鳩=いかるが=町)の第百二十九世住職で、聖徳宗第六代管長である大野玄妙師の本山葬が12月13日、同寺の聖徳会館で営まれた。宗教者ら約600人が参列。立正佼成会から庭野日鑛会長、國富敬二理事長、澤田晃成総務部部長、中村浩士奈良教会長が出席した。

続きを読む

佼成武德会「第68回剣道大会」

佼成武德会による「第68回剣道大会」が昨年12月15日、東京・杉並区にある第二団参会館内の同会武道場で開催され、8団体から43人の小中学生、一般の選手が出場した。

続きを読む

【佐原教会】 教会発足60周年記念式典

昨年12月15日、佐原教会発足60周年記念式典が教会道場で開催され、教会幹部、功労者321人が参加した。

続きを読む

世界連邦日本宗教委「寒川大会」「ハワイ使節団」

世界連邦日本宗教委員会の「第41回世界連邦平和促進全国宗教者・信仰者 神奈川・寒川大会」が昨年12月17日、寒川町の寒川神社で開催された。テーマは『令和の平和への願い』。神道、仏教、キリスト教などの宗教者、立正佼成会湘南教会の会員ら約300人が参加。本会本部から澤田晃成総務部部長、柳田季巳江総務部次長(渉外グループ)が出席した。

続きを読む

庭野平和財団「第2回現代社会の問題を考えるセミナー」 日韓の歴史から現状踏まえ、関係構築にさらなる対話を

戦時中の元徴用工をめぐる問題をきっかけに悪化した日韓関係の現状とその原因を学ぶ「第2回現代社会の問題を考えるセミナー」(庭野平和財団主催)が昨年12月7日、佼成図書館視聴覚ホールで開催された。

続きを読む

弱小チームから常勝軍団へ~佼成学園高校アメリカンフットボール部「ロータス」クリスマスボウル3連覇の軌跡~(10 最終回) 文・相沢光一(スポーツライター)

佼成学園高校アメリカンフットボール部「ロータス」のクリスマスボウル4連覇への挑戦は終わった。結果は、惜しくも準優勝。52連勝と負け知らずで歩んできたロータスが味わった敗戦を、部員や小林監督はどう受け止めたのか。

続きを読む