寒中読誦修行期間中に「祈りのことば」を唱和 緊張続く国際情勢を受け平和を祈願

米国とイランの緊張状態をはじめ世界各地で起きている紛争や対立状況が対話と協調によって解決することを願い、立正佼成会では大聖堂(東京・杉並区)の寒中読誦(どくじゅ)修行期間中の1月20日から2月3日まで、大聖堂や各教会で「祈りのことば」が唱和されることになった。

続きを読む

『法華三部経』全巻を読誦する寒修行 大聖堂で始まる

『法華三部経』全巻の読誦(どくじゅ)を通して心を見つめ直し、一年の精進目標を胸に刻む今年の「寒中読誦修行」(寒修行)が1月20日から大聖堂(東京・杉並区)、各教会道場、布教拠点で始まった。

続きを読む

「バチカン国務省外務局の次官補に女性信徒 史上初めて」など海外の宗教ニュース(海外通信・バチカン支局)

バチカン国務省外務局の次官補に女性信徒 史上初めて

ローマ教皇フランシスコは1月1日、バチカンで毎年元日に行われる世界平和祈願日のミサで説教に立った。この中で、平和の王子(キリスト)が聖母マリアから生を受けた事実に触れながら、「女性は生命の授与者と仲介者であり、(物事の)決定のプロセスに十分な形で参画する権利を与えられなければならない。なぜなら、女性が生命に関するメッセージを伝達する時、世界はさらなる一致と平和を再発見できるからだ」と述べた。

続きを読む

『利害を超えて現代と向き合う――宗教の役割』(35) 文・小林正弥(千葉大学大学院教授)

戦争の危機で始まった令和2年

本来は、令和はじめの新年にあたって平和を寿(ことほ)ぎたいところである。しかし1月3日、アメリカがイランのソレイマニ司令官をイラクで殺害したというニュースを目にして、私はお屠蘇(とそ)気分が一気に冷めてしまった。報復の応酬がエスカレートすれば、大戦争になりかねないと憂えたからである。

続きを読む

『現代を見つめて』(45) 同窓会に姿を見せない友 文・石井光太(作家)

同窓会に姿を見せない友

年末年始に忘・新年会以外で開催されることが多いのが同窓会だ。正月の帰省に合わせて行われるのだ。

続きを読む

えっ、これも仏教語!?(36) 【げんかん】玄関

禅宗に「玄妙(げんみょう)な道に入る関門」という言葉があります。

続きを読む

TKWO――音楽とともにある人生♪ 指揮・大井剛史さん Vol.2

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)のさらなる発展のために、奏者の団員と切磋琢磨(せっさたくま)し、成長していく喜びを感じているTKWO正指揮者の大井剛史さん。今回は、TKWOのファンクラブに入っていた中学生の頃の思い出や、指揮者として、初めてTKWOと共演した時の話を紹介する。

続きを読む

ちょっと軽く、ストレッチしてみましょう(特別編 冬の「熱中症」対策) 加瀬剛(スポーツトレーナー、佼成学園高アメフット部ヘッドトレーナー)

朝晩の冷え込みが厳しい冬真っただ中。この時期に、気をつけなければならないのが、暑い時期と同じくらい発症の多い「熱中症」だ。佼成学園高校アメリカンフットボール部「ロータス」のヘッドトレーナーを務め、接骨院の院長として患者の治療にあたる加瀬剛氏が、冬の熱中症の仕組みと対策、自宅で簡単にできる運動を紹介する。

続きを読む