5月は「一食啓発月間」 世界平和を願い、一人ひとりが行動

「一食(いちじき)を捧げる運動」(一食運動)のさらなる推進を目指す「一食啓発月間」が、5月1日から全国で実施される。新型コロナウイルスの感染防止のため、今年も個人の取り組みや「一食運動」に関するオンライン学習会などに重点が置かれる。

続きを読む

庭野会長 「朔日参り(布薩の日)」式典で法話 日々感動し感謝を忘れず

4月1日、立正佼成会の「朔日(ついたち)参り(布薩=ふさつ=の日)」式典が大聖堂(東京・杉並区)で挙行され、庭野日鑛会長が法話を述べた。式典の模様はインターネットの動画共有サイトを使って、会員に向けてライブ配信された。

続きを読む

使いやすくなった「習学ガイド」(旧・「習学部 教育活動ガイド」) 「習学」を深め、より良い人生を送る一助に

立正佼成会習学部の各種教育・活動を紹介するウェブサイト「習学部 教育活動ガイド」が4月1日、「習学ガイド」と名称を変え、装いも一新された。「習学」の意味合いをかみしめることに重点が置かれ、教育・活動の内容を閲覧する際の利便性を高めたのが特徴だ。サイトを通して、自ら学びたい教育を選び取り、生活の中で「習学」を深めることで、より良い人生を送る一助となることが期待される。

続きを読む

【豊中教会】 教会発足60周年記念式典

立正佼成会豊中教会は昨年に発足60周年を迎え、4月4日、教会道場で記念式典が挙行された。テーマは『わかると変わる輝く未来!! ~なんと不思議な仏の世界~』。感染予防対策として、会員の参集は控え、教会役員27人が参加した。

続きを読む

法隆寺で「聖徳太子1400年御聖諱法要」 本会から澤田総務部部長が出席

「聖徳太子1400年御聖諱(ごしょうき)法要」が4月3日から5日まで、聖徳太子の創建と伝えられる奈良・斑鳩(いかるが)町の聖徳宗総本山法隆寺(古谷正覚管長)で厳修された。3日の法要(法華・勝鬘講)には、立正佼成会から澤田晃成総務部部長、中村浩士奈良教会長が参列した。

続きを読む

佼成学園女子高校ハンドボール部 第44回全国選抜大会で3位

3月24日から29日まで山梨県で開催された「第44回全国高等学校ハンドボール選抜大会」に佼成学園女子高校ハンドボール部が出場し、3位の成績を収めた。

続きを読む

吹奏楽大作戦2021 受講生3人がTKWOと同じ舞台に

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)による「吹奏楽大作戦2021」が4月4日、東京芸術劇場(東京・豊島区)で行われ、約500人が来場した。

続きを読む

パンデミックに対応する新たな国際協定を 欧州理事会常任議長が提案(海外通信・バチカン支局)

3月30日にオンラインで行われた欧州理事会(EU首脳会議)の会合で、シャルル・ミシェル常任議長が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を踏まえ、今後の新たなパンデミックに備えて「新しい国際協定の制定」を提案した。

続きを読む

「第22回庭野平和賞」受賞者のハンス・キュング博士逝く(海外通信・バチカン支局)

グローバル化時代の道徳的基盤、行動指針を示す「地球倫理」を提唱し、2005年に「第22回庭野平和賞」を受賞したドイツのカトリック神学者であるハンス・キュング博士が4月6日、同国チュービンゲンの自宅で逝去した。93歳だった。

続きを読む

新型コロナウイルスへの対応の中で 教えを支えに日々を過ごす会員たち(28)

国内で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、立正佼成会ではさまざまな集いを控えています。こうした中、会員はどのような思いで過ごしているのでしょうか。それぞれの場で精進を重ね、サンガ(教えの仲間)と心をつないでいる会員の声を紹介します。今回は、府中教会青年男子部副部長、萩教会会員です。

続きを読む