二人の“シェーンベルク”作品で構成 TKWO第152回定期演奏会

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)の「第152回定期演奏会」が1月16日、東京芸術劇場(東京・豊島区)で行われ、約700人が会場を訪れた。客席は1席ずつ間隔を空ける感染予防対策が取られた。

続きを読む

全世界のカトリック教会が核兵器禁止条約を支持(海外通信・バチカン支局)

1月22日の核兵器禁止条約発効を前に、ローマ教皇フランシスコは同20日、バチカンから世界の信徒に向けて中継された一般謁見(えっけん)の席上、同条約の意義について説教した。

続きを読む

立正佼成会 庭野日鑛会長 11、12月の法話から

昨年11、12月に大聖堂で行われた式典から、庭野日鑛会長の法話を抜粋しました。(文責在編集部)

続きを読む

核兵器禁止条約が発効 本会がメッセージを発表し「心から歓迎」

核兵器の開発、保有、使用など、いかなる活動も禁じる核兵器禁止条約が1月22日に発効した。これを受けて立正佼成会は同日、『核兵器禁止条約の発効を歓迎します』と題するメッセージを発表し、本会ウェブサイトに掲載した。この中で本会は、条約発効を機に、核廃絶に向けた国際的な動きが一層活発になることを願うとともに、核廃絶への決意を改めて示した。

続きを読む

フィリピンの「バターン図書館・青少年人材育成センター」が新たに 本会一食平和基金が支援

フィリピン・バターン州の再開発事業によって、同州バランガ市ドーニャフランシスカ地区に移転した「バターン図書館・青少年人材育成センター」(BLYDC)の開所式が、昨年12月14日に行われた。

続きを読む

『核廃絶――諸宗教と文明の対話』発刊 光祥次代会長の発言内容も掲載

核廃絶と宗教の役割に関するシンポジウムの内容をまとめた書籍『核廃絶――諸宗教と文明の対話』(上智学院カトリック・イエズス会センター、島薗進編)が先ごろ、岩波書店から発刊された。シンポジウムに出席した立正佼成会の庭野光祥次代会長が、本会の核廃絶の取り組みなどについて発表した内容も紹介されている。

続きを読む

タイ語版『法華三部経』が本会バンコク教会から発刊

タイ語版『法華三部経』がこのほど、立正佼成会国際伝道グループの協力のもと、バンコク教会から発刊された。同教会の初代理事長を務めたチュラロンコン大学仏教特任教授のバンジョップ・バンナルジ博士が翻訳を担当した。

続きを読む

『法華三部経』全巻を読誦する寒修行 大聖堂で始まる

『法華三部経』全巻を通読する立正佼成会の「寒中読誦(どくじゅ)修行」(寒修行)が大寒の1月20日、大聖堂(東京・杉並区)で始まった。

続きを読む

「布薩の日」式典で庭野会長が法話 今こそいのちの尊さ伝えて

1月15日、立正佼成会の「釈迦牟尼仏ご命日(布薩=ふさつ=の日)」式典が東京・杉並区の大聖堂で営まれ、庭野日鑛会長が法話を述べた。会員は参集せず、式典の映像がインターネットでライブ配信(会員限定)された。

続きを読む

「新型コロナウイルスワクチンの接種は倫理的義務——教皇」など海外の宗教ニュース(海外通信・バチカン支局)

新型コロナウイルスワクチンの接種は倫理的義務——教皇

ローマ教皇フランシスコは1月10日、イタリアの民放テレビ局が放映したインタビュー番組の中で、「全ての人が新型コロナウイルスワクチンを接種すべきだと確信している。これは倫理的な選択である。なぜなら、自身の健康や生命だけではなく、他の人々の生命にも関わる問題だからだ」と述べ、自らも接種の予定であると明かした。さらに、同国内の「ワクチン拒否主義」(NOVAX)を「自殺行為」として批判した。

続きを読む