コロナ禍の中で悩みを分かち、知恵を出し合い、皆で苦境を乗り越えていく 「六花の会」共同推進責任者に聞く

経営者や個人事業主の立正佼成会会員(有志)による全国的なネットワーク「六花(りっか)の会」は2018年12月に発足し、各地で仏教経営者塾を行ってきた。新型コロナウイルス感染症が流行した昨春以降は、オンラインで活動している。仏教精神を経営に生かして会社を元気にし、社会に役立つ企業になっていくことが願いだ。経営者の自覚と実践の大切さなどを学ぶとともに、コロナ禍の現在は悩みを分かち、知恵を出し合って皆で苦境を乗り越えようとしている。同会の共同推進責任者の大畑昌義さん(69)=荒川教会渉外部長=にメンバーの現状やコロナ禍での取り組み、仏教経営者塾にかける思いなどについて聞いた。

続きを読む

國富理事長が天台宗務庁を訪問 阿部宗務総長、水尾比叡山延暦寺執行と懇談

5月18日、立正佼成会の國富敬二理事長が滋賀・大津市の天台宗務庁を訪れ、阿部昌宏宗務総長、天台宗総本山・比叡山延暦寺の水尾寂芳執行らと面会した。本会の中村憲一郎京都教会長、柳田季巳江総務部次長(渉外グループ)が同行した。

続きを読む

成田山新勝寺・橋本照稔前貫首の本葬儀 菅谷千葉支教区長らが参列

今年2月に94歳で遷化された、真言宗智山派大本山成田山新勝寺中興第二十一世貫首である橋本照稔大僧正の大本山成田山葬(本葬儀)が5月22日、千葉・成田市の同寺光輪閣で行われた。関係者約400人が出席したほか、信徒ら600人以上が焼香に訪れた。立正佼成会から庭野日鑛会長の名代として菅谷知正千葉支教区長が参列し、國司恵一郎佐倉教会長が同行した。

続きを読む

松本、下関の両教会で周年記念式典

松本教会

立正佼成会松本教会は昨年に発足60周年を迎え、5月30日、教会道場で記念式典を開催した。式典の模様は、動画共有サイトを通じて会員にライブ配信された。

続きを読む

佼成学園女子高 「SGHネットワーク」参加校に認定 萩生田文科相が取り組みを視察

萩生田光一文部科学大臣が5月19日、佼成学園女子高校(東京・世田谷区)を訪れ、グローバル教育の取り組みを視察した。同校は、文部科学省が進める「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」の指定を受けている。

続きを読む

WCRP日本委 オンラインで人身取引に関するスタディーツアー開催 (動画あり)

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会の人身取引防止タスクフォースによる「人身取引防止スタディーツアー~日本編~」が5月23日、オンラインで開催され、約170人が参加した。

続きを読む

2021年度の「パグウォッシュ公開講座」第1回 核兵器の現状と危険性について学ぶ

『核時代における非戦』をテーマに、科学者や市民らが平和への取り組みを考える2021年度の「パグウォッシュ公開講座」(全4回)の第1回が5月28日、オンラインで行われた。日本パグウォッシュ会議、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会、明治学院大学国際平和研究所が共催。宗教者や市民約150人が視聴した。

続きを読む

立正佼成会 庭野日鑛会長 5月の法話から

5月に大聖堂で行われた式典から、庭野日鑛会長の法話を抜粋しました。(文責在編集部)

続きを読む

令和3年次「壮年(ダーナ)総会」 6月20日にオンラインで開催

『私がとなりにいる。私のとなりにいる。~違いは豊かさ。ニュー方便時代がやってきた~』をテーマに、立正佼成会の令和3年次「壮年総会」が6月20日に開催される。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、昨年に引き続き、オンラインでの実施となった。現在、実行委員会のメンバーを中心に準備が進められている。

続きを読む