盂蘭盆会が大聖堂はじめ各教会で 庭野会長が法話 向上心の大切さを説く 

先祖の霊に追善回向の誠を捧げるとともに、さらなる菩薩行実践の誓いを新たにする「盂蘭盆会(うらぼんえ)」が7月15日、大聖堂(東京・杉並区)はじめ全国各教会で挙行された。大聖堂には会員約3400人が参集した。

続きを読む

本会がKAICIID支持を表明 オーストリアでの状況を受け

立正佼成会は7月15日、文化間、宗教間の対話に取り組む「アブドッラー国王宗教・文化間対話のための国際センター」(KAICIID)を支持する声明を本会ウェブサイトで発表した。ウィーンに本部を置くKAICIIDが、オーストリアで厳しい状況にさらされていることを受けてのものだ。

続きを読む

WCRP/RfP日本委と新宗連が復興合同祈願祭 西日本豪雨の被災地で

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会と新日本宗教団体連合会(新宗連)共催による「西日本豪雨犠牲者の追悼と鎮魂ならびに復興合同祈願祭」が7月10日、愛媛・西予(せいよ)市の三嶋神社で行われた。立正佼成会から中村憲一郎常務理事、中村和正宇和島教会長が参列した。両団体の加盟教団など11団体から、地元の宗教者らを含めた約90人が参加。本会宇和島教会の会員22人が受け入れにあたった。

続きを読む

東大の藤原教授と学生が本会を訪問 施設を見学し交流

比較宗教学を専門とする東京大学の藤原聖子教授をはじめ留学生を含む学生と教員10人が7月13日、立正佼成会本部(東京・杉並区)を訪れた。

続きを読む

兵庫県宗教連盟「叡智の会」 明石元国連事務次長を迎え講演会

兵庫県宗教連盟「叡智(えいち)の会」の「第15回記念講演会」が6月29日、立正佼成会神戸教会道場で開催され、元国連事務次長の明石康氏が『国連と共に歩んで』をテーマに講演した。県内の宗教者をはじめ、国会議員、近畿支教区と「壮年(ダーナ)総会」に参加した会員、市民ら約900人が参加した。

続きを読む

函館教会 北海道南西沖地震二十七回忌慰霊供養

北海道南西沖地震から26年を迎え、立正佼成会函館教会は7月12日、二十七回忌の慰霊供養を、奥尻島にある慰霊碑「時空翔」と、教会道場で厳修した。

続きを読む