教団創立80周年記念祝賀会 各界から約200人を招き

立正佼成会の「教団創立80周年記念祝賀会」が3月8日、東京・港区のホテルオークラ東京で開催された。来賓として宗教界をはじめ、学術、文化・芸術、ジャーナリズムなど各界から約200人が出席した。当日は来賓の祝辞のほか、『「今をもてなす」――「間」のものがたり』をコンセプトに、「喜び」「出会い」「時」の三つの「おもてなし」のプログラムを用意して祝賀会を構成。会員による「信仰の喜び」の発表、出席者同士の語らい、来賓による庭野日敬開祖とのエピソード紹介の時間が設けられた。

続きを読む

教団創立80周年記念祝賀会 祝辞 浄土真宗本願寺派前門・大谷光真師

立正佼成会では、法華経に基づく一乗の教えとその精神を身をもって実践され、その歴史が今日の80年につながっていると思います。

続きを読む

教団創立80周年記念祝賀会 祝辞 妙法院門跡門主・杉谷義純師

佼成会さまは、教団の伸張ということだけでなく、教団が社会に対してどういう意味があるのか、人類全体にとってどのような役割があるのかと常に考えてこられました。

続きを読む

教団創立80周年記念祝賀会 祝辞 円応教教主・深田充啓師

開祖さまは、一人でも多くの人に、法華経に示された人間の生き方を知ってもらい、本当の幸せを自分のものにして頂きたいと、会を創立されました。身も心も人さまに捧げ、昼夜を問わず布教活動に邁進(まいしん)されたと伺っております。その強い信念は、開祖さまの姿を拝見するたびに感じておりました。

続きを読む

東日本大震災発生から7年 被災地で慰霊・鎮魂の祈り

東日本大震災の発生から7年を迎えた3月11日を中心に、被災地域を包括する釜石、仙台、石巻、原町、平、磐城の各教会では、犠牲者を追悼する集いが行われた。

続きを読む

アラブ地域の平和的共存に向けKAICIIDがハイレベル会合 光祥次代会長がスピーチ

『平和のための諸宗教対話――平和的共存と共通の市民権を促進する』をテーマに「アブドッラー国王宗教・文化間対話のための国際センター」(KAICIID)によるハイレベル会合が2月26、27の両日、ウィーンのホテルで行われた。KAICIID理事を務める立正佼成会の庭野光祥次代会長が出席し、閉会式でスピーチを行った。

続きを読む

バチカンから見た世界(52) 文・宮平宏(本紙バチカン支局長)

女性差別に抗議するカトリックのシスターたち

ローマ教皇フランシスコは、社会が発展しているにもかかわらず、男性優位のメンタリティーが今なお存続し、女性に対する暴力は収まることがないとの憂慮の念をたびたび表してきた。広告や娯楽業界では、女性が享楽的な対象物として扱われるなど、「女性の虐待が存在し、人身売買の被害や経済的利益の犠牲を被っている」との考えも示している。

続きを読む

新宗連理事会 憲法平和学習や新生復興祈念集会などの実施を決定

新日本宗教団体連合会(新宗連)の第29期第6回理事会が3月7日、東京・渋谷区の妙智會教団本部で開催された。深田充啓・円応教教主(新宗連名誉会長)をはじめ、理事、オブザーバーら55人が参加。立正佼成会から庭野光祥次代会長(同理事)、川端健之理事長(同常務理事)、中村憲一郎常務理事(会計委員長)らが出席した。

続きを読む