ニュース

SDGsの現状を視覚的に 国連広報センターが18項目に関する情報をイラストなどで分かりやすく紹介

国連広報センターがこのほど、「持続可能な開発目標(SDGs)報告 2021:インフォグラフィックスでみる17の目標ごとの進捗状況」(日本語版)を同ウェブサイトに公開した。17の目標に、「誰一人取り残さない」を加えた18項目に関する情報を、イラストや図などを用いて視覚的に表現したインフォグラフィックスで分かりやすく紹介。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が各目標の達成への歩みに与えた影響を最新のデータを交えて伝えている。

続きを読む

ミャンマーに神の平和を――教皇(海外通信・バチカン支局)

ローマ教皇フランシスコは10月3日、バチカン広場での正午の祈りの席上、参集した各国からの信徒や観光客を前に、「愛するミャンマーの地に、平和の賜物(たまもの)が授けられるよう、改めて神に祈りたい」と述べた。

続きを読む

下館教会 新道場落慶式 感謝の心 広がる拠点に(動画あり)

立正佼成会下館教会新道場の落慶式が9月26日、庭野日鑛会長臨席のもと挙行された。同式は昨年3月に行われる予定だったが、新型コロナウイルス流行の影響で延期されていた。当日は、同ウイルス感染防止のため、会員に向けて、式典の様子がインターネットで配信された。教団を代表して、國富敬二理事長が出席した。

続きを読む

コロナ禍で工夫して営まれる彼岸会、年回供養 いのちの尊さをかみしめ

秋の彼岸を迎え、9月23日の秋分の日を中心に立正佼成会の各教会で「彼岸会」が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、昨年から会員が参集するのを避けて、オンライン配信などさまざまな形で春秋の彼岸会が催されている。また、故人を偲(しの)んで追善供養を捧げる「年回供養」も、感染対策を取りながら実施されている。

続きを読む

第63回千鳥ヶ淵戦争犠牲者慰霊法要 足元から平和境の建設を 庭野会長の回向文を奏上

立正佼成会の「第63回千鳥ヶ淵戦争犠牲者慰霊法要」が9月23日、東京・千代田区の国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑で営まれた。新型コロナウイルス感染防止のため会員は参集せず、教団役職者、東京教区の教会長らが参列した。

続きを読む

TKWO「第155回定期演奏会」 癒やしのひとときを共に

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)の「第155回定期演奏会」が9月23日、東京芸術劇場(東京・豊島区)で行われ、約800人が来場した。今回の指揮は、大井剛史氏(TKWO正指揮者)が務めた。

続きを読む

岡山教会で周年記念式典

昨年に発足60周年を迎えた立正佼成会岡山教会は9月26日、『惜しみなくつながる岡山教会 感謝の心でお分けしよう きび(法)団子』をテーマに教会道場で記念式典を行った。式典の模様はオンラインで会員にライブ配信された。

続きを読む

「英国の諸宗教指導者がCOP26に向けて声明文」など海外の宗教ニュース(海外通信・バチカン支局)

英国の諸宗教指導者がCOP26に向けて声明文

10月31日から11月12日まで英国グラスゴーで行われる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)に向け、同国の諸宗教指導者は9月20日、「グラスゴーへ向けての諸宗教者による合同声明文」を発表した。

続きを読む

本部から中秋の名月を望む

十五夜を迎えた9月21日、立正佼成会本部の大聖堂のある東京の夜空にも中秋の名月が輝いた。

続きを読む

WCRP日本委「第37回理事会」 11月24日に開催される創設50周年記念式典・シンポジウムの詳細を発表

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会の「第37回理事会」が9月17日、京都市のリーガロイヤルホテル京都で行われた。植松誠理事長(日本聖公会主教)をはじめ理事23人(オンラインでの参加者含む)が出席。立正佼成会から同日本委理事の庭野光祥次代会長、國富敬二理事長、中村憲一郎参務(京都教会長)が出席した。

続きを読む