ニュース

「壮年本部参拝」第1回 大聖堂で

今年次の「壮年本部参拝」(年3回)の第1回が5月11、12の両日に行われ、61教会から1218人が参加した。

続きを読む

第39回佼成箏曲部定期演奏会 法輪閣大ホールで開催

「第39回佼成箏曲部定期演奏会」が5月12日、立正佼成会の法輪閣大ホール(東京・杉並区)で開催され、会員や市民ら約120人が訪れた。

続きを読む

佼成学園女子高ハンドボール部 27年連続関東大会へ

4月21日から5月6日まで行われた「平成31年度東京都高等学校ハンドボール春季大会兼関東大会都予選」に佼成学園女子高校が出場し、2位の成績を収め、27年連続46回目の関東大会への切符を手にした。

続きを読む

WCRP/RfP国際委・ミャンマー委が会合 和解と平和に向けた諸宗教者の課題を共有(海外通信・バチカン支局)

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)の国際委員会とミャンマー委員会が5月7、8の両日に開催した「第2回ミャンマーにおける国内和解と平和的繁栄のためのRfPアドバイザリー・フォーラム」は、ローマ教皇庁外国宣教会の国際通信社「アジアニュース」(5月11日付)でも報じられた。アウンサンスーチー国家顧問のスピーチを取り上げたほか、同国の諸宗教者の発言を伝えている。

続きを読む

本会一食平和基金「2018年度運営報告」を発表 総額2億7214万円が「貧困(飢餓)の解消」はじめ各分野に

立正佼成会一食(いちじき)平和基金の「2018(平成30)年度の運営報告」が先頃、同運営委員会から発表された。昨年度の支援総額は2億7214万7883円。同委による中期運営方針(2018~23年)に基づき、「貧困(飢餓)の解消」「教育・人材育成」に重点を置いた国内外の事業に活用された。

続きを読む

WCRP/RfP日本委 PNND日本と「核兵器廃絶に向けた共同提言文」作成 NPT再検討会議の準備委員会で各国政府に訴え

核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)日本の総会が4月25日、東京・永田町の衆議院第二議員会館で行われ、席上、PNND日本と世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会による「核兵器廃絶に向けた共同提言文」がまとめられた。

続きを読む

明るい社会づくり運動 庭野開祖の提唱から50周年 東京で「記念大会」開催

「明るい社会づくり運動 提唱50周年記念大会」(主催=NPO法人「明るい社会づくり運動」)が4月27日、東京・港区のメルパルクホールで行われた。明るい社会づくり運動(明社)は1969年、庭野日敬開祖の提唱によって始まる。半世紀の節目を迎えた大会のテーマは『伝統と革新』。理事や全国各地の推進協議会の代表など運動を推進する1554人が参加した。大会では、協力団体挨拶として庭野日鑛会長がスピーチ。小池俊雄東京大学名誉教授が基調講演を行った。

続きを読む

10連休中 各地で「一食ユニセフ募金」や「アフリカへ毛布をおくる運動」

皇位継承に伴う大型連休の間、立正佼成会の各教会では、ユニセフ(国連児童基金)に協力して貧困や紛争で苦しむ子どもたちを支援する「一食(いちじき)ユニセフ募金」や、厳しい生活を送るアフリカの人々に、日本の市民から提供された毛布を届ける「アフリカへ毛布をおくる運動」の取り組みが行われた。

続きを読む

第10回フォコラーレ大志・交流使節団 各教区代表がイタリア訪問 信仰観や実践について意見交換

立正佼成会各教区の青年部の代表による「第10回フォコラーレ大志・交流使節団」(団長=西由江習学部次長)の一行14人が4月28日から5月5日まで、イタリアを訪れた。

続きを読む

明るい社会づくり運動「全国都道府県会議」

NPO法人「明るい社会づくり運動」の平成31年度第6回「全国都道府県会議」が4月28日、東京・港区のメルパルク東京で行われた。全国の推進協議会の代表ら106人が参加。協力団体である立正佼成会から、同法人の常務理事を務める澤田晃成総務部部長、理事の沼田雄司布教相談役が出席した。

続きを読む