ニュース

「新型コロナウイルスによる感染症の終息を祈る教皇」など海外の宗教ニュース(海外通信・バチカン支局)

新型コロナウイルスによる感染症の終息を祈る教皇

イタリアの新型コロナウイルス(COVID-19)感染者は3月15日現在、2万603人で、死者は1809人に上る。

続きを読む

光祥次代会長 サウジアラビアを訪問 KAICIID理事会に出席

「アブドッラー国王宗教・文化間対話のための国際センター」(KAICIID)の理事を務める庭野光祥次代会長は2月17日から20日まで、第22回同理事会に出席するため、サウジアラビアの首都リヤドを訪問した。

続きを読む

教団本部 第3報『「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する対応について』を各教会に送付

立正佼成会本部は3月4日、『「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する対応について』(第3報)と題する通知を全国の教会に送付した。新型コロナウイルス感染終息の見込みが立っていないことから、第3報ではこれまでと同様、多くの人々が集まる活動を避けることを基本姿勢とした上で、事態に対応する措置の実施期間を延長することが通達された。本部、教区、支教区の行催事の対応は5月31日まで、各教会の対応は4月15日まで継続される。

続きを読む

日蓮宗大本山小湊誕生寺 石川貫首が庭野会長と懇談 「お題目サミット」への協力に謝意

日蓮宗大本山小湊誕生寺(千葉・鴨川市)の石川日命貫首が3月4日、立正佼成会本部(東京・杉並区)を訪れ、法輪閣で庭野日鑛会長と懇談した。同寺の鈴木宇海布教部長が同席した。

続きを読む

台東教会が「言問橋東京大空襲慰霊法要」 地域の宗教者と共に

立正佼成会台東教会の主催による第4回「言問橋東京大空襲慰霊法要」が3月8日午前、東京・台東区の隅田公園内で行われ、区内の宗教者らが参加した。

続きを読む

「新型コロナウイルス(COVID-19) バチカンで初の感染者を確認」など海外の宗教ニュース(海外通信・バチカン支局)

新型コロナウイルス(COVID-19) バチカンで初の感染者を確認

イタリア国内で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大しており、3月8日現在、感染者数は6387人、死者は366人に上る。これまで、感染者は同国北部のロンバルディア州、ヴェネト州の封鎖地区に集中していたが、今は全土へと広がりつつある状況だ。

続きを読む

「教団創立82周年記念日」 読経供養を厳修 記念式典は中止

3月5日、立正佼成会は創立82周年記念日を迎えた。記念式典は、現在、国内で感染者が増加している「新型コロナウイルス(COVID-19)」に対する教団本部の対応に伴い、開催が中止された。同日、大聖堂(東京・杉並区)および各教会では、「教団創立82周年記念日」の読経供養が行われた。大聖堂では庭野光祥次代会長導師による読経供養が厳修され、庭野日鑛会長が「啓白文」を奏上した。

続きを読む

「第37回庭野平和賞」受賞者決定(ニュース動画)

2月17日、第37回庭野平和賞受賞者が発表されました。

続きを読む

庭野平和財団 令和元年度の公募助成先発表 国内外12団体に1084万円

公益財団法人・庭野平和財団はこのほど、令和元年度の公募助成先を発表した。今年度は国内外の12団体に計1084万6232円が助成される(米ドルで拠出される金額は1月31日時点のレート1ドル=110.03円で概算。レートの変動に伴い円換算の額が変わるため、総額は参考値)。助成資金は、立正佼成会一食(いちじき)平和基金からの指定寄附によって賄われる。

続きを読む

真生会・田中開祖の「十三回忌笑顔会」 國富理事長が来賓あいさつ

真生会(総本山・大乗山真生寺=岐阜市、田中庸仁会長)の開祖・田中偉仁師を偲(しの)ぶ「十三回忌笑顔会(しょうがんえ)」が2月24日、岐阜市内のホテルで開催された。世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会や新日本宗教団体連合会(新宗連)加盟教団などの宗教者、真生会信者など約100人が参加。立正佼成会から國富敬二理事長が出席し、田中開祖の遺徳と人柄を偲んだ。

続きを読む