『「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する対応について』の第7報を各教会に通知

立正佼成会の「新型コロナウイルス感染症対策本部」(本部長=國富敬二理事長)は6月27日、『「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する対応について』と題する通知文書の第7報を全国各教会に送付した。政府の緊急事態宣言の解除を受けて出された第6報に続くもの。多くの人が集まる本部や教区、支教区による各種行事は今後も控えることが伝えられた。

続きを読む

WCRP/RfP日本委女性部会 怒りと適切に向き合う「アンガーマネジメント」ワークショップ開催

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会女性部会による「いのちに関するワークショップ アンガーマネジメント」が6月20日、ウェブ会議システムを使って行われた。加盟教団の信徒や市民ら35人が参加した。

続きを読む

新型コロナに対するWCRP/RfP国際委の「諸宗教人道支援基金」 本会も協力 

立正佼成会はこのほど、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)国際委員会が新型コロナウイルス感染症に対する支援を目的に設立した「諸宗教人道支援基金」に協力することを決めた。

続きを読む

現代を見つめて(50) オンライン化だけでいいの? 文・石井光太(作家)

オンライン化だけでいいの?

コロナショックは、企業の経済活動のリモートワーク(遠隔労働)化を推し進めたものとして記憶されるだろう。

続きを読む