諸宗教間対話組織の代表と本会青年が交流 KAICIID事務総長、WCRP/RfP国際委事務総長らが出席

諸宗教対話に取り組む宗教者を迎えての「青年交流プログラム」が6月10日、立正佼成会の法輪閣大ホール(東京・杉並区)で行われ、本会青年部員有志、本部職員など約200人が参加した。プログラムには「アブドッラー国王宗教・文化間対話のための国際センター」(KAICIID)のファイサル・ムアンマル事務総長、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)国際委員会のウィリアム・ベンドレイ事務総長らゲスト6人が出席。庭野光祥次代会長がナビゲーターを務めた。

続きを読む

宗教的智慧を各国代表に提言 「G20諸宗教フォーラム2019」光祥次代会長、川端理事長が参加

6月末に大阪市で開かれるG20サミット(主要20カ国・地域首脳会議)を前に、宗教者の視点から世界の諸課題を議論し、各国代表に提言する「G20諸宗教フォーラム2019」(主催・同フォーラム2019京都)が6月11、12の両日、京都市にある京都府庁旧本館の旧議場などで開催された。国内外の宗教者や研究者、NPO関係者など約120人が参加。立正佼成会から庭野光祥次代会長、川端健之理事長が出席した。

続きを読む

ミードビル・ロンバード神学大学院元学長 リーヴス博士の追悼式 庭野会長、光祥次代会長が弔文送る

立正佼成会国際アドバイザーを務め、5月8日に米・イリノイ州シカゴの自宅で86歳で逝去したジーン・リーヴス博士(ミードビル・ロンバード神学大学院元学長)の追悼式が6月13日、シカゴ第一ユニテリアン教会で行われた。

続きを読む

新宗連「第30期第4回理事会」 事業報告案など審議

新日本宗教団体連合会(新宗連)の第30期第4回理事会が6月11日、兵庫・姫路市の大慧會教団姫路法明館で開催され、理事、監事、総支部会長、オブザーバー合わせて37人が参加した。立正佼成会から庭野光祥次代会長(同理事)、中村憲一郎常務理事(同会計委員長)らが出席した。

続きを読む

西日本豪雨 被災しながらも地域に貢献する会員たち

西日本豪雨(平成30年7月豪雨)からまもなく1年。被災地域では今なお、復旧、復興に向けた活動が進められている。その中には、自身も災害を経験しながら、地域の役に立ちたいと願って人々のために力を尽くす会員がいる。

続きを読む

「明るい社会づくり運動」第19回通常総会 地域協力、人材養成の各事業を発表

NPO法人「明るい社会づくり運動」(明社)の第19回通常総会が6月15日、佼成図書館視聴覚ホールで行われ、理事を含む全国の運営会員ら53人(委任状提出者、書面表決者を含む)が参加した。協力団体である立正佼成会から、常務理事を務める澤田晃成総務部部長が出席した。

続きを読む

生誕をテーマに 正指揮者、大井剛史氏が指揮 東京佼成ウインドの第144回定演

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)による「第144回定期演奏会」が6月15日、東京芸術劇場(東京・豊島区)で開催された。約1000人が来場した。

続きを読む

佼成武德会 第69回柔道大会

佼成武德会主催の「第69回柔道大会」が6月16日、東京・杉並区にある立正佼成会第二団参会館の同会武道場で行われ、同会を含む11団体から約100人の小学生が参加した。

続きを読む

「ペルシャ湾の緊張緩和は外交交渉によって――教皇」など海外の宗教ニュース(海外通信・バチカン支局)

ペルシャ湾の緊張緩和は外交交渉によって――教皇

米国と、サウジアラビアを中心とするイスラーム・スンニ派の湾岸諸国が、シーア派のイランと対立することで緊張が高まっているペルシャ湾情勢。トランプ米大統領からの要請を受けて安倍総理がイランを訪問していた6月13日、ペルシャ湾の入り口にあたるホルムズ海峡で、日本を含むタンカー2隻が攻撃され、同地域における緊迫度がさらに増している。

続きを読む