本会奥羽支教区による被災地ボランティア 「岩泉よりそい隊」の取り組み

昨年8月、台風10号が岩手・岩泉町に上陸し、甚大な被害をもたらした。今秋で1年余りを迎えるが、被災地では今も復旧作業が行われている。

続きを読む

「黒住教七代教主就任ご挨拶のつどい」 本会から庭野会長、川端理事長が出席

黒住教(本部・岡山市)の七代教主に就任した黒住宗道師の「就任ご挨拶のつどい」が11月28日、岡山市内のホテルで行われた。宗教をはじめ行政や経済、報道機関など各界からの招待者約580人が参加。立正佼成会から庭野日鑛会長、川端健之理事長が出席した。

続きを読む

第54回「佼成雅楽会公演」 伝統の音色と舞を厳かに

第54回「佼成雅楽会公演」が12月3日、法輪閣大ホール(東京・杉並区)で開催され、約300人が来場した。

続きを読む

本会京都教会が市の「2R及び分別・リサイクル活動優良事業所」に認定

立正佼成会京都教会はこのほど、積極的なごみ減量の取り組みが認められ、京都市から「平成29年度2R(リデュース=発生抑制、リユース=再使用)及び分別・リサイクル活動優良事業所」の認定を受けた。 続きを読む

三句の法門から学ぶ 自分を磨き、幸せになるための心がけ 精神科医・名越康文氏

縁あって、私は仏教、とりわけ真言宗について学んでいます。その中で、約1500年前にまとめられ、大乗仏教の中心思想が記されている『大乗起信論』という論書に出合いました。大乗起信論には、それぞれの仕事を仏への道と心得て一生懸命にやれば、菩薩や如来になることができる、悟ることができると、高らかに宣言されています。

続きを読む

バチカンから見た世界(43) 文・宮平宏(本紙バチカン支局長)

対話するブッダとキリスト――アングリマーラと福音史家の聖マタイ

『仏教徒とキリスト教徒が共に歩む非暴力への道』を総合テーマに、11月13日から16日まで台湾の霊鷲山無生道場で行われた「第6回仏教徒・キリスト教徒会議」の席上、バチカン諸宗教対話協議会議長のジャン・ルイ・トーラン枢機卿は、仏教徒に「どのようにして、愛徳をもって真理を語るかについて学び合おう」と呼び掛けた。さらに、両宗教間の対話を促進し、共通の価値観を基盤とする協力関係の構築に向けて発展させる提案をしたことは、前回の本連載で報告した。

続きを読む