「オンライン宗教協力ツアープログラム」で本会と善隣教の青年が交流

青年部員が諸宗教の教えを学び、自己の信仰を深めるとともに、平和の基となる対話・協調の姿勢を養う「オンライン宗教協力ツアープログラム」(立正佼成会青年ネットワークグループ主管)が9月5日、行われた。初めての試みで、当日は善隣教本庁(福岡・筑紫野市)とオンラインで結び、善隣教の青年部員と本会の青年部員ら35人が交流した。

続きを読む

佼成学園女子高ハンドボール部 インターハイでベスト8

8月16日から21日まで福井県で開催された「令和3年度全国高等学校総合体育大会ハンドボール競技大会 高松宮記念杯第72回全日本高等学校ハンドボール選手権大会」に佼成学園女子高校ハンドボール部が出場し、ベスト8の成績を収めた。

続きを読む

22億人のキリスト教徒が祈る「創造の保全」など海外の宗教ニュース(海外通信・バチカン支局)

22億人のキリスト教徒が祈る「創造の保全」

ローマ教皇フランシスコは9月1日、バチカンで行われた一般謁見(えっけん)の席上、同日が「創造(環境)の保全のための世界祈願日」であるとともに、10月4日の(アッシジの)聖フランシスコの祝日まで続く、被造物保護のための祈りと行動の月間「創造の季節」の始まりであると告げた。

続きを読む

新型コロナウイルスへの対応の中で 教えを支えに日々を過ごす会員たち(35)

国内で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、立正佼成会ではさまざまな集いを控えています。こうした中、会員はどのような思いで過ごしているのでしょうか。それぞれの場で精進を重ね、サンガ(教えの仲間)と心をつないでいる会員の声を紹介します。今回は、浜田教会教務副部長、久留米教会学生部員です。

続きを読む

立正佼成会 庭野日鑛会長 8月の法話から

8月15日に大聖堂で行われた式典から、庭野日鑛会長の法話を抜粋しました。(文責在編集部)

続きを読む

TKWO――音楽とともにある人生♪ アルトクラリネット・瀧本千晶さん Vol.1

日本トップレベルの吹奏楽団として知られる東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)。演奏会をはじめ、ラジオやテレビ出演など、多方面で活躍する。また長年、全日本吹奏楽コンクールの課題曲の参考演奏を行っていることから、特にコンクールを目指す中学生・高校生の憧れの存在でもある。今回は、アルトクラリネットの瀧本千晶さんが登場。楽器との出合いや、吹奏楽部での思い出について話を聞いた。

続きを読む

唯仏与仏(90) 立正佼成会 庭野日敬開祖法話

私たちが果たしていく「お役」のなかで、いちばん大きな「お役」は何かといえば、仏さまから託された「お役」でしょう。

続きを読む

内藤麻里子の文芸観察(24)

朝井まかてさんの『白光』(文藝春秋)は、夢に向かって生きることの野心と挫折と、その果てにある充足が余すことなく詰まっている。生きるとはこういうことよと、ゆうゆうたる筆遣いでつづる画業小説だ。描かれるのは日本初のイコン(聖像)画家、山下りんの生涯である。

続きを読む

月刊誌「文藝春秋」での立正佼成会の広告 10月号掲載のタイトルは『善い縁を結ぶために』

立正佼成会はコーポレート・アイデンティティー(CI)計画の一環として、「文藝春秋」で広告活動を展開しています。

続きを読む

機関誌「佼成」9月号の会長法話を本会のウェブサイトで公開中

立正佼成会のウェブサイトで、機関誌「佼成」に掲載されている庭野日鑛会長の「会長法話」を公開しています。

続きを読む