ニュース

北京でACRP執行委員会 新事務総長と第9回大会の東京開催が決定

アジア宗教者平和会議(ACRP)の執行委員会が5月20、21の両日、中国・北京で行われ、新事務総長の就任と第9回ACRP大会が東京で行われることなどが決定した。アジアの21の国と地域から正式代表45人が参加。世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会からは、執行委員を務める杉谷義純理事長(天台宗宗機顧問)、川端健之理事(立正佼成会理事長)、國富敬二事務局長(同会理事)らが出席した。

続きを読む

「アフリカへ毛布をおくる運動」 2カ月のキャンペーン期間が終了

4月1日から全国で実施されていた「アフリカへ毛布をおくる運動」(主催・同運動推進委員会)のキャンペーンが5月31日に終了した。

続きを読む

本会職員対象の憲法学習会 庭野開祖の平和観と本会の取り組みについて学び深める

日本国憲法について学びを深め、各人が信仰者としての行動を考えることを目的にした、立正佼成会本部職員対象の憲法学習会が5月29日、法輪閣大ホール(東京・杉並区)で行われた。事業体職員を含めた261人が参加した。

続きを読む

普門チャリティーコンサート 東日本大震災の被災地復興を願いTKWOがサーカスと共演

『未来へ――手をたずさえて』をテーマに、「東京佼成ウインドオーケストラPresents 第5回普門チャリティーコンサート」(佼成文化協会主催)が6月3日、東京・中野サンプラザで行われた。会員、市民約1800人が参集した。

続きを読む

薬師如来像がつむいだ黄金の絆 日中友好宗教者懇話会が50周年記念式典を東京で

日中友好宗教者懇話会の創立50周年記念式典が5月29日、東京・千代田区のホテルで行われた。中国からは、中国佛教協会の学誠会長、国家宗教事務局政策法規司の韓松司長が出席。日本からは、同懇話会の持田日勇会長(日蓮宗本山東身延藻原寺貫首)、山田俊和理事長(天台宗東北大本山関山中尊寺貫首)、立正佼成会の庭野日鑛会長をはじめ仏教者約150人が参集し、半世紀にわたる友好の歩みに思いを寄せて慶事を祝った。

続きを読む

核兵器禁止条約の成立を目指し WCRP/RfP日本委が「ヒバクシャ国際署名」活動発進式

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会は5月29日、核兵器廃絶を求める「ヒバクシャ国際署名」活動の発進式を京都市の北法相宗音羽山清水寺で行った。被爆者、宗教者36人が参加した。

続きを読む

「日中友好宗教者懇話会50周年記念式典」出席者が本会を訪問

5月30日、前日に日中友好宗教者懇話会50周年記念式典に出席した中国佛教協会と同懇話会の宗教者ら19人が立正佼成会本部(東京・杉並区)を訪れ、法輪閣で昼食を共にしながら庭野日鑛会長と懇談した。

続きを読む

「親子で取り組むゆめポッケ」 スタート

立正佼成会の小学生、中学生が平和活動として取り組む「親子で取り組むゆめポッケ」のキャンペーンが6月1日からスタートした。世界では、紛争が続いている地域があり、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、2015年末時点で、紛争や迫害から逃れ、故郷や家を追われた人は、世界で6530万人に上り、14年よりも580万人多い。さらに、その半数が18歳未満の子供だという。

続きを読む

『移民と難民』テーマに バチカンで第3回「行動の倫理」会議

ローマ教皇庁科学アカデミー、同社会科学アカデミー、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)国際委員会による第3回「持続可能で不可欠な開発に向けた行動の倫理」会議(通称=「行動の倫理」会議)が5月25、26の両日、バチカン庭園内「ピオ四世のカッシーナ」で行われた。テーマは『移民と難民』。WCRP/RfP国際共同議長を務める庭野光祥次代会長が出席し、仏教徒の立場からスピーチを行った。

続きを読む

新宗連が新生復興祈念集会 熊本地震の犠牲者慰霊と早期復興を祈り

新日本宗教団体連合会(新宗連)の「第4回新生復興祈念集会」が5月23、24の両日、熊本・益城町のホテルで開催された。同集会は東日本大震災を受けて始まり、「被災地を忘れず、被災者に寄り添っていくこと」を誓い、福島、新潟、兵庫の各県で開催されてきた。熊本地震を受けて行われる今回は、加盟教団から33人が参加。立正佼成会熊本教会の会員らが受け入れに当たった。

続きを読む