新着

一食地域貢献プロジェクト説明会 27教会62人の推進担当者が討議

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会は1月24日、「一食地域貢献プロジェクト2021説明会」をオンラインで開催した。今年は、昨年からの継続を含む90教会がプロジェクトに参画する。当日は、このうち新規を中心に27教会から「一食を捧げる運動」(一食運動)の推進担当者ら62人が参加した。

続きを読む

IPCR国際セミナー 日中韓から約80人が参加

韓国宗教平和国際事業団(IPCR)の国際セミナーが1月27日、日本、中国、韓国をオンラインでつないで開催された。

続きを読む

【生物学者・福岡伸一さん】ウイルスを「正しく畏れる」 自然界の一部であると捉えて

新型コロナウイルスの感染が拡大している。「ウイルスは多くの動物にとって病原性がある一方、他の生物に感染して増殖するサイクルを回す “生命体” と捉えると、また違う世界が見えてくる」と言う。生物の起源と進化に詳しい、生物学者の福岡伸一・青山学院大学教授に「ウィズコロナの時代」に求められる生命観について聞いた。

続きを読む

大人のSNS講座(3) 文・坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

ネガティブを超える(ネットやSNSの世界について正しく学んで賢く利用する)

今回は、SNS上での意見の異なる相手との付き合い方、そして自分も他人も傷つけずにSNSを有効に活用する方法を考えます。

続きを読む

「諸宗教者が平和への提言を公表していたミャンマーで 軍がクーデター」など海外の宗教ニュース(海外通信・バチカン支局)

諸宗教者が平和への提言を公表していたミャンマーで 軍がクーデター

ミャンマー国軍が2月1日、与党の国民民主連盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー国家顧問兼外相、ウィン・ミン大統領を拘束し、政権を奪取した。この日、昨年11月8日の総選挙後初めての連邦議会が招集される予定だった。

続きを読む

唯仏与仏(63) 立正佼成会 庭野日敬開祖法話

お釈迦さまが「人生は苦なり」とおっしゃっているように、私たちの人生に「苦」はつきものです。経済的な苦しみもあれば、人間関係での悩みもあり、体のどこかが激しく痛むといった「苦」もあります。そういうさまざまな「苦」を乗り越える秘訣は、喜びの心をもつことです。いつも喜びの心で行動していると、喜びが喜びを呼んで、すべてがありがたくなっていくのです。

続きを読む

シャプラニール 「あなたのはがきが、だれかのために。」キャンペーン 3月31日まで

国際協力NGO「シャプラニール=市民による海外協力の会」は、書き損じ年賀はがきや未投函の郵便(官製)はがき、未使用・使用済みの切手を収集し、海外協力に活かす「あなたのはがきが、だれかのために。」キャンペーンを行っています。届いたはがきや切手は日本で換金した後、バングラデシュで児童労働に就かされている少女たちの支援などに役立てられます。はがき10枚で少女たちの文字の読み書きの授業1回分、25枚で料理教室1回分相当の寄付になります。

続きを読む

二人の“シェーンベルク”作品で構成 TKWO第152回定期演奏会

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)の「第152回定期演奏会」が1月16日、東京芸術劇場(東京・豊島区)で行われ、約700人が会場を訪れた。客席は1席ずつ間隔を空ける感染予防対策が取られた。

続きを読む

全世界のカトリック教会が核兵器禁止条約を支持(海外通信・バチカン支局)

1月22日の核兵器禁止条約発効を前に、ローマ教皇フランシスコは同20日、バチカンから世界の信徒に向けて中継された一般謁見(えっけん)の席上、同条約の意義について説教した。

続きを読む

立正佼成会 庭野日鑛会長 11、12月の法話から

昨年11、12月に大聖堂で行われた式典から、庭野日鑛会長の法話を抜粋しました。(文責在編集部)

続きを読む