クラスター爆弾の製造企業に対する投融資が世界で310億ドル 責任投資や企業の社会的責任が一層問われる時代に

「非人道兵器」として国際法で禁止されているクラスター爆弾を製造する企業に対し、世界の金融機関が行っている投融資の現状を、国際NGO「PAX」(拠点・オランダ)が5月23日に発表した。この報告書によると、2013年6月から今年3月までの4年間…

イスラームの世界~あなたの上に平安あれ(5) 写真・文 奥田敦(慶應義塾大学教授)

纏うファッション 見せるファッション 今年の初め、相模湾に富士山がくっきりと浮かび上がる冬晴れの江の島に、インドネシア人の2人の女子学生らと共に訪れた。小田急電鉄が、2020年に向けて増加が見込まれる東南アジアからのイスラーム教徒の観光客の…

ミンダナオに吹く風(4) 文・松居友(ミンダナオ子ども図書館代表)

ミンダナオで起きている三つの戦闘 2001年に「ミンダナオ子ども図書館」を創設してから、15年以上活動を続けてきた間に、イスラム地域だけではなく、それ以外の山岳地域でも幾たびも戦闘が起こった。戦闘が勃発して避難民が出ているという情報が入るた…

「利害を超えて現代と向き合う――宗教の役割」(3) 文・小林正弥(千葉大学大学院教授)

「共謀罪」は宗教にとって何を意味するか? 前回まで、現代では宗教が政治的発言をしたり公共的な役割を果たしたりすることが望ましいと論じた。今の国会では、いわゆる「共謀罪」法案(組織的犯罪処罰法改正案)が審議されているから、この観点から具体的に…

写真企画「光彩の詩」の第2回

写真家・黒原範雄氏による写真企画「光彩の詩」の第2回は、「楽園」「歓喜の声が聞こえてくる」「光のシャワー」の3点。福島県の裏磐梯の自然が、美しい色彩のハーモニーを生み出している。 https://shimbun.kosei-shuppan….

新着記事

特集・企画

インタビュー

【カトリック神父・後藤文雄さん】難民の子供を受け入れ、育て上げた半生

14人の子の父親であるカトリックの神父がいる――後藤文雄さんだ。35年前、インドシナ難民が発生した際、カンボジアの子供たちを里子として迎え、育て上げた。そのうちの一人の子と力を合わせ、同国に19の学校を建設し、教育支援にも尽くしてきた。現在…

続きを読む

寄稿(連載)

『現代を見つめて』(9) 文・石井光太(作家)

ナイロビのスラムに見た 助け合う習慣 ケニアのナイロビは、世界でも治安の悪い都市として知られている。特に郊外には貧困者が暮らすスラムが広がっていて、現地人でも近づこうとしない。

続きを読む