発達障害・発達凸凹――当事者からのメッセージ 広野ゆい・NPO法人DDAC代表

私は発達障害の当事者です。ちょっと見ただけではきっと、皆さんには私に発達障害があるということは分からないと思います。発達障害にはADHD(注意欠陥・多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム障害)、LD(学習障害)といった特性がありますが、31歳の時に医者から診断されたのは、ADHDでした。日本の人口の3~5%が該当すると言われ、「強い貧乏ゆすり」「絶え間ないおしゃべり」「じっとしていられない」「周囲にちょっかいを出す」などが特徴です。活動量が多く、エネルギッシュな多動性は、ある人とない人がいます。

衝動性と不注意も特徴で、これは生きていくのにとてもつらい特性です。「何か思いついたら黙っていられない」「忘れやすい」「集中力が続かない」などがあるため、子供の時から怒られることが多く、私も先生から多々怒られた記憶があります。

私にはASD(自閉症スペクトラム障害)の傾向もあります。執着心が非常に強く、気持ちの切り替えができません。また、他者の感情や意図を読み取ることが苦手で、コミュニケーションを取ることが難しくもあります。

私は子供の頃、おしゃべりでしたので、周囲の人からはコミュニケーションが苦手だと思われていませんでした。しかし、実際は非常に一方的に自分の話をし、相手の話を聞いていない子でした。

発達障害にはもう一つ、LD(学習障害)があります。LDで有名な人は、米国の俳優であるトム・クルーズですね。彼は文字が読めないので、台本を代読してもらい、それを聞いて覚えています。

もし、目の前に字が読めず、俳優になることを目指している人がいたら、「台本も読めないのに、俳優なんてできるわけがないだろ」と言いそうになりませんか。LDの人は文字が読めなくても、理解することはできます。一部ができないからといって、全てができないわけではありません。親や教師、また指導者も、相手のできないところを克服させようと思いがちですが、できるところを見つけて、伸ばす手伝いをしてあげてほしいと思います。

さらに、発達障害の人は感覚が過敏で、見え方や聞こえ方のほか、味覚や触感などが普通の人とは違います。

発達障害の当事者としてメッセージを発信するDDAC代表の広野ゆい氏

例えば、聴覚では、聞くべき音とそうでない音を聞き分けることができず、全ての音を同じ刺激で受け取ってしまいます。学校で先生の話を聞かなければいけないと分かっていても、校庭にいる子供たちの声や道路を走る救急車のサイレンの音が耳に入ってきてしまい、先生の声が聞こえないのです。普通の人は、先生の声だけが自然と大きく聞こえ、あとの音は雑音として音量を抑える機能がありますが、私たちにはありません。先生の話が分からずに、一日中授業を受けることは、拷問のように感じます。

発達障害のある人たちは我慢ができないわけではありません。いろいろな刺激を過剰に受けてしまい、すでに頑張っている状態のため、これ以上受け付けることができないのです。

周囲に理解されずに、特性に合った支援を受けることができないまま育った大人の中には、子供の頃に「何でできないの」と何度も責められてきた体験を持っている人が少なくありません。しかし、責められても、本人にはどうしてできないのか、どうして怒られているのか理解することができないのです。周囲に非難されることが続くと、「みんなに迷惑をかけるダメな私なんだ。迷惑をかけないためにはどうしたらいい? 私がいなくなればいい?」と自分を責め、気がつくとうつ病やパニック障害、摂食障害やリストカットなどの依存症に陥ってしまうことがとても多くあります。

障害は自分でコントロールできる範囲を超えています。本人にはどうにもならないのです。「できるのに、やらない」のではなく、「やりたくても、できない」ことを理解してほしいと思います。

怒るのではなく、「よく頑張っているね」と褒めてあげてくださいませんか。褒められるとエネルギーが出て、可能性が広がります。周囲の方々には、当事者に寄り添い、その人のタイプを知って、伝え方や接し方など相手に合わせて支援してほしいと願っています。

私は28歳でうつ病と診断されたときに、『片づけられない女たち』(WAVE出版)という本に出会いました。その本を読んで、自分はADHD(注意欠陥・多動性障害)だと理解したのです。

私は自分の発達障害を受容できるようになるまでに、5年の月日が掛かりました。初めは、これまで悩んできた原因が分かったので、治るかもしれないと思いました。「普通の人になりたい」と強く思い、さまざまなことに挑戦しましたが、普通の人には一向になれません。そんな時に自分と同じようなことで悩む人たちに出会い、一人じゃないと感じました。悩みを共有し、失敗さえ共に笑い合える仲間と過ごすうちに、自分を肯定できるようになれたのです。

2005年に「発達障害者支援法」が施行され、日本で「発達障害」という言葉が普及しました。DDAC(発達障害をもつ大人の会)では、2010年から4年間、大阪府との協働で就労支援事業を行っていました。

私は相談者に、「発達障害があっても大丈夫」と伝えています。仲間が周りにいますし、みんなできないことがあっても、毎日、楽しく生きられるようになりました。私は、今は発達障害があってよかったと思えるようになりました。それは、障害があることによって、見える世界があり、できる体験があり、出会えた人々がいるからです。

私は否定されない安全な場所を得て、人間というのは、人間によって回復するのだと実感しました。これからも、発達障害を持っている人たちが安心できる場づくりに尽力したいと思います。一人ひとりが尊重されて、全ての人が生きやすい社会になる未来を目指して。

(2月18日、大阪普門館での教育者教育研究集会の席上、『発達障害・発達凸凹――当事者からのメッセージ』をテーマに行われた講演から)

プロフィル

ひろの・ゆい 1972年生まれ、青山学院大学卒。NPO法人「DDAC(発達障害をもつ大人の会)」代表。NHK・Eテレ「ハートネットTV」、「バリバラ」などテレビ出演多数。