大聖堂で「朔日参り(布薩の日)」のご供養 光祥次代会長が全国の会員に向けてあいさつ

読経供養の後、会員に向けてあいさつする光祥次代会長

7月1日、大聖堂(東京・杉並区)の聖壇で「朔日(ついたち)参り(布薩=ふさつ=の日)」のご供養が行われ、その様子が動画投稿サイトを使って公開(会員限定)された。当日は、読経供養の後、導師をつとめた庭野光祥次代会長があいさつ。新型コロナウイルスが世界的に流行する混乱した世の中で、「私たち信仰者はどのように生きていくのか」について述べた。

この中で、光祥次代会長は、フランスの作家アルベール・カミュの『ペスト』に触れ、「ペスト」とは単に一つの感染症でなく、大災害や他の病気などによる避けがたい苦しみ、罪のない人の死、世の中にはびこる不正といった「不条理」(納得のいかない苦しみ)のすべてを表しているとの感想を持ったことを詳述。人生は自身の力では避けることができない「不条理」に満ちており、それは釈尊が悟った「一切皆苦」に通じると述べた。

そうした「不条理」は、時に人を介して“感染”することがあるとし、社会で認められず、無視をされるなどでつらい思いをしている人が、そのはけ口を何の関係もない人に向ける場合があると話した。

その上で、立正佼成会では伝統的に「因縁を切る」という修行を大切にし、多くの会員が自身の受けた悲しみ、苦しみを子や孫、他人に味わわせないようにとの思いで、教えの実践に励んできたと説明。「世界は、すべて因と縁でできていますから、本当は完全に『因縁を切る』ことはできないのかもしれません。でも、マイナスの方向に回っていた歯車を、ここで、私のところで終わらせる、ということなら、できるかもしれません。それが『因縁を切る』ということであり、そして、可能であれば、それをプラスの向きに変える。それが菩薩行なのだと思います」と述べた。

さらに、その一例として、「オレオレ詐欺」に遭いそうになった女性会員のエピソードを紹介。息子を騙(かた)って金銭を求めてきた上、正体が明らかになった後に罵声を浴びせてきた男性に対し、会員は「あなた、こんなことしてちゃだめよ! 一生懸命生きるのよ! 真面目に生きれば必ずいいことがあるから! 応援しているからね!」と励ましの言葉を送ったという。

光祥次代会長は「私たちの人生の中には、いじめや暴力、不機嫌、不信や裏切り、差別など、さまざまな目に見えない心の『感染症』が存在しています。そういう出来事や人に出会ったときに、それを撒(ま)き散らすことなく、自分のところで因縁を切る。そして、できればプラスに変えていくような、そんな生き方がしたい。口のマスクだけでなく、必要があれば心にもマスクをして感染を広げない。そして、そのマスクの下から温かい言葉がかけられる私でありたい」と語り、コロナ禍をサンガで支え合って乗り越えていきたいと述べた。

なお、光祥次代会長のあいさつの全文は本会のウェブサイトに掲載されている。
https://www.kosei-kai.or.jp/guru_greeting/