【カラーユニバーサルデザイン機構副理事長・岡部正隆さん】多様な色覚への理解を深め 暮らしやすい社会の実現へ

私たちの周囲に「色」はあふれている。「色」は生活を彩るだけでなく、効率よく情報を伝達する手段として、多くの場所で用いられる。色分けされた街角の道路標識や電車の路線図など、色による情報伝達は私たちの日常に欠かせなくなった。一方で、色彩表現が多様化するほどに、日本に320万人いるといわれている「色弱者」が生活で不便な思いをする場面も増えた。自らもその一人で、全ての人が不利なく、色による情報を受け取れるよう「カラーユニバーサルデザイン(CUD)」の普及に携わる岡部正隆氏に、色弱者の抱える問題や活動への思いを聞いた。

見えにくい色遣い 教育現場でも課題

――色弱者には色がどのように見えるのですか。

人間の目には本来、赤、緑、青のそれぞれの色みを知覚する三つの細胞があるのですが、先天的にいずれかの細胞がない、あるいは細胞の性質が変化すると、特定の色みの感じ方が変わります。NPO法人「カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)」では、そうした色覚を持った人を色弱者と呼んでおり、日本では男性20人に1人、女性500人に1人の割合でいるといわれています。

色弱者の代表的な特徴は、赤と緑の色の差が小さくなったり、赤が黒っぽく見えたりすることです。一般的には強い印象で目に飛び込んでくる赤い標識や看板が、色弱者にはあまり目立って見えないことがあります。また、赤と緑以外にも、黄と黄緑、オレンジと明るい緑、紫と青など、区別が難しい色の組み合わせがあります。例えば、水色とピンクも色弱者が見分けにくい色なのですが、公衆トイレの男女の色分けがそうなっていたらどうでしょう。入る方を間違えてしまうかもしれません。色弱者にとって不便な色の組み合わせを用いたデザインが、社会の中にかなりあるのです。

――「色弱者」とは、あまり聞き慣れない言葉ですが。

そうですね。CUDOでは、一般の人と異なる色覚を「色弱」とし、「色空間における弱者」の意味で「色弱者」という言葉を使っています。色弱は色覚異常とも呼ばれていますが、「異常」は価値観を伴う言葉であり、人によっては差別と感じる場合もあります。「色弱者」とは、そうしたことへの配慮から考えられた言葉です。

13年前までは、学校の健診で色覚検査を行うことが義務づけられていたため、異常者というレッテルを貼られ、心に傷を負う児童や生徒もいました。教育現場で色弱の理解が進んでおらず、理系の大学や医学部に入れない、就職には適さないなど、差別的な進路指導が行われていたこともあったのです。しかし、実際に法令で色弱者が就けないと定められている職業は数えるほどしかありません。

差別を助長する可能性があるということで、学校での検査はいったん廃止となりました。しかし最近、将来のリスクに備える必要性が訴えられ、希望者への検査を再開する動きが出ています。色弱と判断された子どもが心的ストレスなく教育が受けられるよう、担任の先生など周囲の人たちが色弱をしっかりと理解し、学校設備にカラーユニバーサルデザイン(CUD)を取り入れることが急務と感じています。

配色デザイン改善 色弱に対し配慮を

――CUDの普及活動に取り組み始めたきっかけは?

私も色弱者の一人です。当事者として、これまでも色弱の問題を発信したいと考えていましたが、感覚の問題を言葉で説明する難しさを感じていました。そんな中、2001年に色弱者の色覚をシミュレートする技術が開発されました。これにより、一般的な色覚を持つ人でも色弱者の困難を体感できるようになったのです。これは多くの人に色弱を理解してもらえる画期的なプレゼンテーションになると確信し、シミュレーション画像を使ったCUDの普及活動を本格的に始めました。その後、色弱の仲間を集め、2004年にCUDOを設立しました。現在、CUDの研究と発表、企業や自治体の製品や刊行物に提案やアドバイスなどを行っています。

昨今は色弱者のみならず、加齢による白内障や、緑内障などの網膜の病気で後天的に色覚が変わる人も増えています。全ての人たちに向けた色への配慮が、今まさに求められているのだと思います。

――CUDはどんな所に取り入れられていますか。

色弱者が見分けられない配色デザインを改善するのがCUDの基本ですが、他にもポイントがあります。それは、色の名前を表記すること、色以外の方法で差をつけることです。

身近な例ですと、テレビのリモコンに青、赤、緑、黄の4色のボタンがあると思いますが、赤と緑は色弱者が間違えやすい組み合わせです。そこで私たちは企業に働きかけ、赤と緑の区別がしやすいように色の調節をした上で、ボタンの下に色名を表記してもらいました。他には、電池などの充電器の表示ランプ。これまで充電中は赤、充電完了は緑となる製品が多く、色が変わったことに気づきにくかったのですが、今は充電が終わるとランプが消えるようになり、誰にでも分かりやすくなりました。2014年に新築移転した佼成病院にもCUDが導入されています。目的の場所が一目で分かるよう、診療科ごとに「色」「形」「文字」の3要素でデザインされたサインが作られ、掲示案内板などに使用されています。

――CUDの今後の展望は?

話は少し変わりますが、実は南米に住むサルの多くは色弱です。彼らはジャングルの中で熟れた木の実を判別して食べるのですが、色弱のサルとそうでないサルとで実をとる能力に全く差がないんですね。それは、色弱のサルが色の明暗や形など色み以外の要素で区別しているからだと思います。また、色弱のサルは青みの濃淡に敏感で、エサとなる昆虫を捕まえることにおいては色弱でないサルよりも上手なくらいです。

人間にも同じことが言えます。色弱はその人の個性の一部であり、人と異なる色覚を持つことが、周囲より劣ることになるとは私は思いません。色弱者が社会の中で少数派であり、周囲への理解が広まっていないことが問題なのです。一般的な色覚を持つ多数派の人たちは、色弱を知り、CUDを進めていく。そして少数派の色弱者は、社会の中で生活する自分なりの知恵を身につける。そうやって両者が歩み寄る努力をすれば、全ての人が暮らしやすい社会の実現は可能だと思います。

私も今、医師の免許を持ち、大学で教鞭を執っています。色弱者でも、周囲の理解と自分の工夫次第で問題なく社会生活が送れることを、私の姿を通して知ってもらえたらうれしい。CUDのことが専門家や色弱者の間だけでなく、広く多くの人に伝わっていくことを願っています。

プロフィル

おかべ・まさたか 1969年、東京都生まれ。東京慈恵会医科大学解剖学講座教授。自らも色弱者であり、色覚の違いにかかわらず、全ての人に正確な情報が伝わる色遣い「カラーユニバーサルデザイン」の普及活動を行う。NPO法人「カラーユニバーサルデザイン機構」副理事長。