【ノンフィクション作家・柳田邦男さん】問われる原発事故の教訓 徹底的な検証を今こそ

半世紀にわたって、科学技術と人類の行方、事故や公害問題、生命と医療の関係など「いのち」にかかわる事象を幅広く取材し、さまざまなメディアに発表し続けている柳田邦男さん。常に現場を歩き、物事の本質を多角的にとらえる取材力、分析力は高い評価を受ける。東京電力福島第一原子力発電所の事故に際しては、内閣が設けた「事故調査・検証委員会」の委員を務めた。原発事故発生から6年、被害の状況や国民に突き付けられた課題について聞いた。

果たして「想定外」だったか

――事故調査・検証委員会の委員として現場を見た時の印象は?

福島第一原発に足を踏み入れたのは、事故から4カ月近く経った2011年6月です。放射能から身を守るため、防毒マスクのようなマスク付きの完全防護服をまとい、事故現場を視察しました。

津波の衝撃と水素爆発によって無残に破壊された3号炉の建屋を間近で見上げた時、その巨大さに全身に震えが来るような感覚を覚えました。最先端の科学を集めた施設が、自然の脅威に対して脆(もろ)く崩れるという、現代文明に対する象徴的な警告の絵だと思いました。

また、建屋の海側に回って見渡すと、数百メートル沖合にあった防波堤が津波で砕かれ、2、3メートルほどのコンクリート片の瓦礫(がれき)の山となって打ち寄せていました。後で専門家に分析してもらうと、1平方メートルあたりの津波の衝撃は、中型ジェット機が時速600キロで激突したのと同等と教えられました。自然に対して人間は謙虚でなければならない。改めてそう実感しました。

――原発事故の恐ろしさとは?

ビル火災や工場爆発も大変な事態ですが、原発事故の被害の深刻さは比較になりません。原発事故では、プラントが破壊されると、放射能の影響で収束は極めて困難になります。実際、6年経った今も、溶け落ちた核燃料を取り出すめどは立っていません。

さらに、人と環境への影響は広範囲にわたり、かつ甚大です。広大な地域の住民の生活が壊され、農業や漁業に関わる自然環境が放射能に汚染されました。住民は生きる基盤を奪われ、避難生活で家族は分断され、故郷を失う――まさに「いのち」の危機です。

事故後、「原発事故で亡くなった人は一人もいない」といった趣旨の発言をした国会議員がいましたが、現実を全く理解していません。周辺地域では、避難指示を受けた入院患者が搬送中に命を落とし、重症患者が避難所の体育館でケアを受けられずに亡くなっています。また、避難生活の長期化で福島の震災関連死は2000人を超えています。こうした被害は、原発事故がなければ生じなかったものです。

加えて、避難生活者の中には将来の見通しが立たず、アルコール依存症や離婚に至ったケースが少なくありません。生きがいや意欲を奪われることによって起こる精神性の崩壊も、いのちに関わる深刻な被害です。

――事故は、「想定外」の地震、津波が原因と言われましたが。

震災前に、国のさまざまな機関で議論された事実経過を追っていくと、決して「想定できなかった」とは言いきれません。

例えば、文部科学省には学術的研究成果を行政に反映する「地震調査研究推進本部」という組織がありますが、2002年には地震の研究者たちが過去に起きた大地震と巨大津波の発生傾向から、東北から関東に至る太平洋沿岸地域は今後どこででも、発生の可能性が高いと警告しました。04年の中央防災会議の専門部会でも、専門家の多くが869年の貞観(じょうがん)地震・津波を重視し、安全対策を求めたのです。

地殻変動の規模は何万年、少なくとも1000年単位で検討しなければなりません。しかし、国は古い地震・津波はデータが確実でないという逃げ口上で、取り上げる必要はないと結論付けました。また、09年頃から、津波の研究者は最新の研究結果から福島原発の安全対策が必要と東電に伝えていましたが、東電は対応しませんでした。

「起こり得る可能性があるものは、確率が低くても必ず起こる」というのが災害であり、事故です。しかし、安全対策には大がかりな設計と巨額の投資が必要なため、国や電力業界はそうしたことは当面起こらないだろうと楽観論を掲げ、あえて「想定の必要なし」としたのだと言えるでしょう。原発の安全性に疑問が生じ、世論が騒ぎ出すことを警戒していましたから。

失敗から学ぶ姿勢

――事故の背景には多くの課題があるのですね。

歴史的に、日本という国は失敗と向き合い、教訓から学ぶことを避ける傾向にあります。失敗や問題があっても、既定の方針や政治目的を遂行するために、負の要因に蓋(ふた)をして隠してしまうのです。

1939年に、旧日本陸軍がソ連軍に敗れた「ノモンハン事件」後の対応は象徴的です。この事件は、その後の戦争で失敗を重ねていく最初のものなのですが、敗退の事実は隠され、陸軍の弱点の分析はなされないまま、太平洋戦争に突入していきます。また、開戦の半年後、日本海軍は、ミッドウェーでの米海軍との戦いで大敗北を喫します。この敗戦の原因を分析し、責任の所在を明らかにして、戦略戦術を根本から見直すべきだったのに、失敗の究明も責任の追及も行われないまま、次の作戦でまた失敗する。

戦後、最大の公害病・水俣病でも、国は原因究明を曖昧(あいまい)にして、被害の拡大を止めませんでした。今回の原発事故も、巨大津波を否定するような政治、行政の判断があったのは確かで、「失敗から学ばない」というこの国の負の文化の延長線上に起きたと、私は分析しています。

福島の事故から根本的な教訓を読み取るには、原発の技術的な問題を検討するだけでなく、深刻な影響を受けた被害者・住民の視点に立って安全対策の欠陥を検証し、安全なシステムは可能なのかを検討しなければなりません。そのためには分析のための基本データとして、福島における「人間の被害」と「環境の被害」の全容調査が不可欠です。「安全神話」を生み出し、専門家からの指摘を軽視し、楽観論を掲げてきた政治や行政、電力業界に対する歴史の検証も必要になります。

――国民一人ひとりの姿勢も問われていると感じます。

そうですね。物事を分析的に、事態によって批判的に見る文化が根付かないと、同じ過ちが繰り返されます。世界が震撼(しんかん)した原発事故でありながら、全容調査はいまだ行われていません。一方、再稼働や原発輸出が既定路線のように進められ、国民の関心も薄れています。

ただ、国のあり方を注視し、意思表示していこうという人々の芽生えも感じています。一昨年、安全保障関連法案が国会で審議されている最中、とりわけ若い人たちが行動を起こしましたね。国の行方や自分たちの未来を案じる一人ひとりの問題意識と主体的な行動こそが新たな文化を育て、社会を変えていくと思います。

プロフィル

やなぎだ・くにお 1936年生まれ、栃木県出身。95年に『犠牲(サクリファイス)――わが息子・脳死の11日』(文藝春秋)などで菊池寛賞、2005年に『エリカ 奇跡のいのち』(講談社)で日本絵本賞翻訳絵本賞受賞。16年に、佼成出版社から『自分を見つめる もうひとりの自分』を発刊した。

『自分を見つめる もうひとりの自分』
人生には悲しみがつきまとう。伴侶を失う、子供に先立たれる、災害で心に深い傷を負うなど、時に想像もつかない出来事に見舞われることもある。本書は、平坦でない人生を歩む全ての人に向け、優しいまなざしで「本来の自分」を取り戻せるようにとつづったエッセー集。「佼成」に連載された全33話が著者による「雲の写真」とともに一冊になった。
(佼成出版社 本体1200円+税)