立正佼成会 庭野日鑛会長 11月の法話から

11月に行われた大聖堂での式典から、庭野日鑛会長の法話を抜粋してまとめました。(文責在編集部)

菩薩行に挺身する

大乗仏教では「娑婆即寂光土(しゃばそくじゃっこうど)」、つまり「私たちの住んでいるところこそ、浄土なのだ」と教えています。ただ、私たち人間の心が顚倒(てんどう)しているために、それが分からないというのです。

仏さまの教えをしっかりと学び、信じ、行じていくと、この娑婆こそ、現実の世界こそが浄土であると分かってきます。一人ひとりが、仏さまの教えを自分の心としていくところに、浄土、寂光土が出現するのです。

そういう意味で、亡くなってから行くところが浄土ではなく、現実に今、自分が生きているこの世界が寂光土であり、私たちは、この世界を浄土にしていかなければなりません。

「世界の平和」――もちろん、最初はそんな大きなことは言えないかもしれませんが、まず自分の家庭を浄土にする努力をしていく。そして、その周りの社会を浄土にしていく。また日本の国を浄土にしていく。さらに、世界が浄土となるよう努力させて頂く。それが菩薩行であると、開祖さまは私たちにご指導くださっています。
(11月15日)

【次ページ:普回向に示された精神】