OUT XML | 佼成新聞デジタル 2024年05月16日 日蓮宗総本山身延山久遠寺(山梨・身延町)の第93世法主に就任した持田日勇師の晋山式が5月7日、同寺本堂で挙行された。立正佼成会から庭野日鑛会長の名代として熊野隆規理事長が参列。佐原透修総務部次長(渉外グループ)が同行した。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/news/69061/
バチカンがベサク祭にメッセージ―共に平和の構築を(海外通信・バチカン支局) 2024年05月16日 バチカン諸宗教対話省は5月6日、仏教徒たちが釈尊の誕生、成道(悟り)、入寂(にゅうじゃく)などを同時に祝う「ベサク祭」に際し、世界の仏教徒に宛てて、『和解と反動力(resilience―攻撃的ではなく弾力性のある抵抗力)を通した平和のための協調』と題するメッセージを、バチカン記者室から公表した。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/news/69088/
高岡教会 周年記念を機縁に会員綱領に親しむ 2024年05月16日 立正佼成会高岡教会は今年、教会発足60周年を迎えた。これを記念して、昨年5月、会員綱領の成り立ちや要点、文言の解説をまとめた冊子『開祖さまの願い 私の願い「会員綱領」』を発刊し、会員に配布した。荒川公男教会長は冊子について、「開祖さま(庭野日敬開祖)が会員綱領に込めた思いを改めてかみしめ、皆が開祖さまのお心を自分の言葉で表現できるようになれたらと願っています」と話す。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/news/69080/
『生誕110年 佐藤太清展 ―水の心象― 』が奈良県立万葉文化館で開催 2024年05月16日 数多くの作品が立正佼成会の機関誌「佼成」の表紙を飾った日本画家・佐藤太清氏(1913~2004年)の生誕110年を記念した『佐藤太清展 ―水の心象― 』が、奈良県立万葉文化館で開催されます。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/information/69062/
IARF日本チャプター青年グループが本会バングラデシュ教会青年部と交流 2024年05月09日 バングラデシュと日本の青年が一堂に会し、懐かしさに笑みを浮かべて友情を深め合う――。4月6日、立正佼成会大聖堂(東京・杉並区)2階の食堂で、国際自由宗教連盟(IARF)日本チャプター青年グループ主催の「バングラデシュ・日本青年交流会」が開催された。両国の青年が対面するのは2年ぶり。同チャプターの市川和一事務局次長、同メンバー、本会バングラデシュ教会会員ら17人が参加した。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/news/69007/
人間中心のAI規制に関する公文書に署名を求めるバチカン(海外通信・バチカン支局) 2024年05月09日 ローマ教皇庁生命科学アカデミーは2020年、人工知能(AI)に関して、「人間個人と全人類に奉仕」することを前提とし、「人間の人格を尊重することによって、個々人が技術の発展を享受でき、より大きな利益のみを追求せず、また職場で人間に置き換わらないようなAI」であることを求める公文書を作成した。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/news/68992/
絵画で紡ぐ物語 ~山口暁子の世界~ 5月 2024年05月09日 『Higher ground』

タイトルは米国の音楽家スティービー・ワンダーの曲名から取りました。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/culture/68980/
内藤麻里子の文芸観察(56) 2024年05月09日 頭の体操をしながら読むのもまた小説の楽しみである。青崎有吾さんの『地雷グリコ』(角川書店)は、とびきり頭を使い、快感にあふれる読書体験ができる。本書が刊行されたのは昨年の11月末なので紹介するのは遅いと言われそうだが、一読したら取り上げずにはいられない快作だ。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/life/68994/
機関誌「佼成」5月号の会長法話を本会のウェブサイトで公開中 2024年05月09日 立正佼成会のウェブサイトで、機関誌「佼成」に掲載されている庭野日鑛会長の「会長法話」を公開しています。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/information/69009/
「第9回庭野平和賞」受賞者のアリヤラトネ博士が逝去 庭野会長が哀悼の意 2024年05月02日 スリランカでの仏教精神に基づく農村開発運動「サルボダヤ・シュラマダナ運動」の創始者で、第9回庭野平和賞の受賞者であるアハンガマジー・チューダー・アリヤラトネ博士が4月16日、逝去した。92歳だった。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/news/68923/