OUT XML | 佼成新聞デジタル 2019年01月19日 中学の先輩の影響でジャズが好きになり、ジャズミュージシャンを目指した田中靖人さん。しかし、のちに出会った恩師はジャズが大嫌いだった。田中さんはどんな選択をするのか――。話は、TKWOのコンサートマスターとしての役割などについても及んだ。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/life/27264/
バチカンから見た世界(74) 文・宮平宏(本紙バチカン支局長) 2019年01月19日 各国元首の年末年始の言動に見る2019年

カトリック教会は毎年の元日、「世界平和祈願日」を執り行う。ローマ教皇パウロ六世によって定められた同祈願日は、今年で52回目を迎えた。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/culture/27278/
第1回仏教精神に学ぶ経営者の集い 『ど真剣は未来を変える』テーマに 2019年01月17日 立正佼成会の教団創立八十周年記念事業として、第1回「仏教精神に学ぶ経営者の集い」が昨年12月16日、大聖堂(東京・杉並区)で開催された。テーマは『“ど真剣は未来を変える”――新たな経営哲学の創造をめざそう!』。全国から企業経営者や個人事業主の会員ら2191人が参集した。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/news/27254/
『利害を超えて現代と向き合う――宗教の役割』(23) 文・小林正弥(千葉大学大学院教授) 2019年01月17日 一年の計

一年の計は元旦にあり、というから、新春にそれを考えた人も多いだろう。昨年は4回にわたって明治維新について考えてきたので、その歴史を振り返りつつ今後の日本を考えてみよう。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/headerslide/27234/
気づきを楽しむ――タイの大地で深呼吸(23)写真・文 浦崎雅代(翻訳家) 2019年01月17日 善き友と歩く――早く行きたければ一人で行け、遠くへ行きたければ仲間と行け

昨年12月1日から8日まで、タンマヤートラ(法の巡礼)に参加した。タイ東北部に位置するチャイヤプーム県で毎年行われる、歩くイベントだ。今回で19回を数える。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/culture/27229/
幸せのヒントがここに――仏典の中の女性たち(11) 文・画 天野和公(みんなの寺副住職) 2019年01月17日 手放して、手に入れる――キサーゴータミー

キサーゴータミーと呼ばれる若い母親がいました。キサーとは「痩せた」、ゴータミーとは「ゴータマ族の女性」という意味ですので、正確な彼女の名前は誰も知りません。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/buddhism/27221/
「親子で取り組むゆめポッケ」配付先発表 2万3197個がフィリピンやレバノンなどの子供たちへ 2019年01月14日 昨年の「親子で取り組むゆめポッケ」キャンペーン期間中(6月1日から8月31日まで)に全国から寄せられたゆめポッケは、2万3197個に上り、このほど、レバノン、パレスチナ・ガザ地区、フィリピン・ミンダナオ島で配付されることが決定した。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/news/27179/
おもかげを探して どんど晴れ(11) 文・画 笹原留似子(おもかげ復元師) 2019年01月14日 白いケーキと黒いケーキ

2018年を振り返ると、貧困や虐待に直面した現場が多くありました。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/contribution/27174/
男たちの介護――(4) 認知症の母との二人暮らし 心折れそうになりながら 2019年01月14日 今度は自分が母に尽くす番

出向が決まった。勤務先も名古屋になる。藤堂靖之さん(69)は定時制高校を卒業後、広島市内の大手製鉄機械メーカーで働いてきた。さまざまな部署を経験し、50歳の時に名古屋の関連会社へ出向することになったのだ。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/life/27168/
唯仏与仏(27) 立正佼成会 庭野日敬開祖法話 2019年01月14日 私たちは、まず自分の幸せを願って行動するのがふつうですが、立正佼成会では「まず人さま」という言葉で、自分の満足より先に、相手の幸せを思いやることを大事にしてきました。それは、人さまの幸せを願うことが「仏性(ぶっしょう)」をまっすぐに発揮していく早道だからです。

(さらに…)

]]>
https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/dharmatalk/27164/