シャプラニール=市民による海外協力の会 「ホンノ、キモチです。」キャンペーン実施中

今年は国連が定めた「児童労働撤廃国際年」です。国際協力NGO「シャプラニール=市民による海外協力の会」は、家庭から不要な本などを集め、その買取金額を児童労働の削減や防止に活用する「ホンノ、キモチです。」キャンペーンを実施しています。ブックオフコーポレーション株式会社との取り組みです。

「シャプラニール」は、児童労働のない社会の実現を目指し、バングラデシュで家事使用人として働く少女たちの教育や家事習得支援、行政への政策提言などを行っています。

支援センターでの授業の様子(写真・シャプラニール提供)

キャンペーンでは、支援者の身の回りにある不要な物品をブックオフが買い取り、買取金額が全額支援活動の資金として活用されます。本やコミック10冊分(約400円)は家事使用人として働く少女たちが読み書きを学ぶ授業1回分に、CD40枚分(約3000円)で、少女たちが料理を楽しみながら覚えられる料理教室3回分の材料費に相当します。

  • 【キャンペーン期間】6月12日~8月31日
  • 【対象物品】本、コミック、CD、DVD・Blu-ray、ゲーム

    キャンペーン参加への3ステップ
    1.対象品を集め、段ボールに詰める
    2.ウェブサイトから無料集荷を申し込む
    3.指定の日時に配送業者(佐川急便またはブックオフ)が自宅で集荷。査定終了後、ブックオフから結果がメールで届きます

  • 【問い合わせ】シャプラニールのウェブサイト
    https://www.shaplaneer.org/sutenai/book_cam2021