UNHCRが「世界難民の日」に合わせて配信型イベント開催

国連UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)協会は、国連が定める「世界難民の日」の6月20日から、配信型音楽・映画イベント「UNHCR WILL2LIVEムーブメント2020」を開催します。

この活動は、新型コロナウイルス感染症から世界の難民・避難民を守るための支援を呼び掛け、協力の輪を広げることを願いとしています。支援には「聴く支援」と「観(み)る支援」の二つが用意されています。「聴く支援」とは、難民の生き抜く意志の力強さを伝える音楽と「トークによるライブ配信の聴取として、「世界難民の日 特別配信 UNHCR WILL2LIVE Music 2020」です。「観る支援」とは、「募金つきオンラインシアター UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020」の利用です。

参加費の一部は国内での難民問題の啓発活動に役立てられます。

難民の真の姿や思いを知り、同じ地球の仲間として歩むため、「オンライン上で観て、聴く」支援に協力してみませんか。

「世界難民の日 特別配信 UNHCR WILL2LIVE Music 2020」

世界が同じ困難に立ち向かう今こそ難民の『生き抜く意志』の力強さを伝えようと、難民支援に賛同するアーティスト・ゲストによる音楽とトークをライブ配信。難民を新型コロナウイルス感染症から守るための支援を呼び掛けます。

  • 【日時】6月20日 17:00~18:30(予定)
  • 【メインパーソナリティ―】MIYAVI(UNHCR親善大使)/長野智子(国連UNHCR協会報道ディレクター)
  • 【ゲスト】KREVA(生出演)/LUNA SEA/RHYMESTER(Mummy-D生出演)(アルファベット順)

発信媒体、参加方法など詳細は下記URLからお入りください
http://unhcr.will2live.jp/wrd-m01/

「募金つきオンラインシアター UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020」

2006年から毎年開催されている「UNHCR難民映画祭」では、これまで難民に焦点を当てて世界中から集められた約240作品を上映してきました。その中から6作品を選び、期間中何度でも視聴可能な「募金つきオンラインシアター」を展開します。

  • 【視聴期間】6月20日~8月31日
  • 【料金】期間中、6作品が見放題。参加申し込み時に2000円から5000円の料金よりお選びください。料金によって視聴料と募金額が設定されています。

※申し込みは日本在住の方に限ります

配信作品紹介、申し込み方法など詳細は下記URLからお入りください
http://unhcr.will2live.jp/otwd2020-01/