国連UNHCR難民映画祭2018 札幌、東京、名古屋で開催

世界では今、紛争や迫害により6850万人が住み慣れた地を追われています。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所とNPO法人「国連UNHCR協会」は、家を追われた人々の状況や、彼らの逆境に立ち向かう強さなど、難民一人ひとりの物語を日本で伝えるために、9月7日から10月7日まで札幌、東京、名古屋で難民映画祭を開催します。難民はどこか遠くの場所にいるのではなく、共に生き、支え合う仲間であることが、映画を通じて実感できます。

  • 【会場、上映日】
    札幌 9月29、30日
    東京 9月7~9、29日
    名古屋 10月6、7日
  • 【テーマ】『観る、という支援』
  • 【参加費】無料 ※要申し込み
    上映会場など詳細は難民映画祭特設サイト http://unhcr.refugeefilm.org/2018/