国連WFP協会主催 「チャリティーエッセイコンテスト2018」作品募集 今年のテーマは『おなか空いた、なに食べよ!』

今年も、国連WFP協会は「WFPチャリティーエッセイコンテスト2018」の作品を募集します。今年で15年目を数える同コンテストは、生きていく上で欠かせない「食」について考えるとともに、日々の食事を満足に取ることができない開発途上国の子供たちのことを思い、幸せを願うことが目的です。応募1作品につき、給食4日分(120円)が寄付協力企業から寄託され、開発途上国の学校給食支援に充てられます。

  • 【テーマ】『おなか空いた、なに食べよ!』
  • 【作品の題名】自由
    ※誰もが感じたことのある空腹感、あるいはおなかや心を満たす食についての体験や出来事などをつづってください
  • 【部門】
    (1)小学生部門(4~6年生)
    (2)中学生・高校生部門
    (3)18歳以上部門
  • 【募集期間】7月1日~9月7日※締切日必着
  • 【応募方法】日本語で1人1点、未発表作品に限ります。本文のみ(題名、学校名、学年、氏名は原稿用紙欄外に記載)で200字から800字まで。
    郵送での応募は1ページの文字数を20字×20行でお願いします。
  • 【送付先】
    応募票に必要事項を記入のうえ作品に添付し、下記宛先に送付してください。
    〒170-0013 東京都豊島区東池袋1の17の8 NBF池袋シティビル8F ポパル気付
    ※オンラインでの応募も可能です。ウェブサイトをご確認ください
    WFPエッセイコンテスト専用ウェブサイト
    http://www.wfpessay.jp/2018/
  • 【各賞発表】10月12日に専用ウェブサイトで発表予定
  • 【問い合わせ】WFPエッセイコンテスト事務局
    TEL 03(3980)9030
    ※受付時間10時~12時/13時~18時(土日祝日を除く)