思い出深い普門館 吹奏楽関係者らに舞台の開放が決定 11月5日から11日まで

立正佼成会は8月1日、吹奏楽関係者や経験者らに普門館の舞台を開放するイベント「普門館からありがとう~吹奏楽の響きたちへ~」を11月5日から11日まで開催すると発表しました。これは、普門館の解体工事が12月から始まることを受けて行われるものです。期間中は、これまで普門館を利用してくださった人々、特に「吹奏楽の甲子園」とされた普門館で演奏することを目指してきた吹奏楽関係者、経験者に普門館の舞台を開放。来訪者は大ホールの見学や写真撮影、楽器の持ち込みと音出しなどを通して思い思いの時間を過ごすことができます。本会はプレスリリースを通じて、「特別な思いで利用してくださった方々へ、普門館から感謝の気持ちをお伝えする場にできたらと考えております」とイベントの趣旨を発表しています。

続きを読む